シュノーケリング・ツアー

明日、近隣に住む人たちと伊豆にシュノーケリングに出かけます。1年1回は美術から離れて遊んできます。メンバーはスポーツクラブで知り合った同世代か、やや上の世代の人たちで、既に定年を迎え、仕事を退職して悠々自適な暮らしをしている人もいます。自分は横浜市公務員で多忙な管理職、皆さんとは生活に温度差を感じることもありますが、自分にとってゆとりを感じる唯一の交遊でもあるのです。それにしても定年を迎えたばかりの人たちはとても元気です。自分もそうでありたいと先輩たちを見て思います。自分の個展にも顔を出してくれたり、パーティに誘ってくれたりして、人生を楽しんでいるように思えます。帰宅してから、埃にまみれたフィンを出して、バッグに詰めて、今大人の遠足気分を味わっているところです。     Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 久しぶりに東京の美術館に… 大学の先輩で銅版画をやっている人が、東京銀座で個展をやっています。その人の娘さんが漆工芸をやっていて、彼女も東京銀座の別の画廊で個展をやっています。親子とも同じ時期に個展を開催しているので、週末を利 […]
  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 長梅雨だった7月を振り返る 今日は8月1日ですが、昨日まで旅行に出ていた関係で、7月の振り返りが出来ていません。今日振り返りを行い、8月の制作目標を明日立てることにしました。今年は長梅雨で夏を待ち焦がれていました。7月の終盤に […]
  • 振替を利用して案内状持参 先日の関西出張の折に超過勤務時間が発生し、その振替を今日の午後に取ることにしました。昨日、工房に案内状が1500枚届いたので、早速今日の午後の時間を使って、東京銀座のギャラリーせいほうに案内状100 […]
  • 14回目の個展を開催する7月になって… 7月になりました。毎年7月になるとNOTE(ブログ)に個展を開催すると書いていますが、今年も同じことを書きます。いや、こうしたことが書ける幸福を感じていると言った方が気持ちにフィットするように思えま […]

Comments are closed.