墓参りで思うこと

母から連絡があり、近隣にある菩提寺に亡父の墓参りに行きました。母の夢の中に父が出てきたと言うのです。週末の制作をやや中断して母と家内とで菩提寺に出かけました。菩提寺である浄性院の庭は手入れが行き届いていて、墓地周辺も清潔な感じがしました。夜、NHKで「日曜美術館」の再放送をやっていて、ウィーンの画家クリムトを取り上げていました。番組の内容とは直接関係ないのですが、午前中、亡父の墓参りをしたせいか、ウィーン滞在中にクリムトの墓参りをしたことが思い出されてしまいました。クリムトの墓は、白い石板にクリムトの名前だけ彫られたシンプルなものでしたが、そのシンプルさが清々しくて、とても気に入っていました。その影響というわけではないのですが、相原の墓も黒い石板に名前だけ彫ってあります。「〜家之墓」と彫られた墓石群の中で、ひと際シンプルなのではないかと思っております。                         Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 三連休初日 過密スケジュール 三連休になりましたが、今日はスケジュールが過密でした。NOTE(ブログ)は日記としての役割があるので、今日は自分の記録として書くことにします。まず朝7時に工房に行って1時間程度彫り込み加飾をやりまし […]
  • 人体塑造からの転位 Ⅱ 先日のブログ「人体塑造からの転位」の続きです。現在自分の彫刻作品は、ロシア人画家カンディンスキーが提唱した非対象という意味で言えば非対象でも抽象でもありません。形態の基本となる要素を抽出している点で […]
  • 芸術家宅を訪ねる随想 「瀧口修造全集1」に収められている「ヨーロッパ紀行」の中に、ダリを訪ねた時の随想が載っています。アトリエの中の描写やダリの人柄に、ほんの少しばかり親近感が持てるような気になります。スペインの海辺のア […]
  • ウィーン幻想派との関わり ウィーン美術アカデミーに学んでいた当時、同校にハウズナー教室とレームデン教室があって、とくにハウズナー教室には毎年のように邦人画家が聴講生としてやってきて制作をしていました。もうかれこれ30年も前に […]
  • 東京京橋の「サイトユフジ展」 画家サイトユフジさんが東京の京橋にあるギャラリー東京ユマニテで個展を開催しているので、家内と見て来ました。私は20代の頃、オーストリアの首都ウィーンに滞在していましたが、サイトさんはその頃既にウィー […]

Comments are closed.