2つの仕事 2つの場所

今日出張先から帰ると、いつも撮影をお願いしているカメラマンの2人が来て、いつのように楽しい会話になりました。カメラマンは私の昼間の顔を想像できないと言います。作品を撮影する時は作業着にバンダナをいう格好でいるので、いかにも彫刻家の雰囲気が漂っているのかもしれません。しかも作品が並べられている空間の中で撮影しているので、その環境で私を捉えているのでしょう。私の昼間の顔というのは公務員としての仕事です。スーツ(今はクールビズ)を来てパソコンに向う姿です。朝から文書処理や会計をやっています。私の勤めている職場が現在耐震工事をやっているので、業者対応も一手に引き受けています。仕事はやってもやっても切りがなく、ある程度のところで退勤しています。2つの仕事と2つの場所はまるで違う世界です。スイッチの切り替えを上手のやらないと、どちらも中途半端になってしまいます。時間に追われることが今の自分には合っていると感じているこの頃です。                             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 7月RECORDは「揺らぐ楼閣」 RECORDは一日1点ずつ制作していく小さな平面作品で、2007年から制作を開始しています。一日1点というのはなかなか厳しいノルマで、その日がどんな状況であれ、必ず制作をしていくのです。毎年テーマを […]
  • 「 《オヴィリ》1・2」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「3 […]
  • 個展案内状の宛名印刷 今月の19日から始まる私の16回目の個展。今年も東京銀座のギャラリーせいほうで開催します。先日、案内状が1500部出来上がってきたので、ギャラリーには1000部持参しました。私からは私の友人や知人に […]
  • 上野の「イサム・ノグチ 発見の道」展 先々週、家内と東京上野にある東京都美術館で開催中の「イサム・ノグチ […]
  • 21’個展図録の色稿と案内状印刷 来月の個展に関する図録の色稿が出来上がってきました。今度の個展で16回目になりますが、図録に関しては1回目から同じ大きさ、同じ頁数で作っています。案内状(DM)は1500部印刷されて手元に届きました […]

Comments are closed.