農耕タイプの生活

現在の自分の生活は横浜市公務員としての勤務が中心となっています。創作活動はもっぱら週末で、限りある時間の中で集中して発想を巡らせ、素材に向う作業をやっています。10年も経たないうちに定年を迎えると、きっと自分は創作活動一本になります。その時のスローな生活がどんな展開を見せるか自分には実感がありません。かつてブログにも書いた記憶がありますが、自分は多忙な中で創作を続けてきました。忙しいからこそ多面的な仕事もこなせると感じています。自分は朝から晩まで決まった時間の中で何かをやることが好きなタイプです。たまに変化を求めますが、ほとんど習慣化した中で創作をもやっていける性格です。いわば農耕タイプなのかもしれません。きっと定年を迎える時には、創作活動と併行してスポーツやボランティアをやって、きっと自分なりにリズムを作って多忙さを保ち続けるのではないかと想像しています。                       Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 2月を振り返って… 今日で2月が終わります。週末で朝から工房に籠りましたが、今日の制作状況と併せて今月を振り返ってみたいと思います。今日は陶彫成形を1点、彫り込み加飾も行いました。晴天で梅の花が青空に映える一日でしたが […]
  • 実り多き11月を振り返る 今日は11月の最終日です。NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、11月はどの年も充実しているようで、創作活動には最適な1ヶ月であることが証明されています。今月も実り多き1ヶ月でした。まず、ウィ […]
  • 週末 1月を振り返って… 1月最終日になり、今月を振り返ってみたいと思います。今月創作活動がやれる期間として、まず正月の休庁期間が5日間ありました。その5日間を含めて週末のほとんどすべてを、新作の厚板材による土台作りに費やし […]
  • イサム・ノグチ 美術館建設&ビエンナーレ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 10月を振り返って… 週末になりました。今週はウィークディの夜に工房に通っていたおかげで、彫り込み加飾が進みました。いつものように今日の作業としては土練りを行い、大きなタタラを複数枚準備しました。それらを使って明日は成形 […]

Comments are closed.