農耕タイプの生活

現在の自分の生活は横浜市公務員としての勤務が中心となっています。創作活動はもっぱら週末で、限りある時間の中で集中して発想を巡らせ、素材に向う作業をやっています。10年も経たないうちに定年を迎えると、きっと自分は創作活動一本になります。その時のスローな生活がどんな展開を見せるか自分には実感がありません。かつてブログにも書いた記憶がありますが、自分は多忙な中で創作を続けてきました。忙しいからこそ多面的な仕事もこなせると感じています。自分は朝から晩まで決まった時間の中で何かをやることが好きなタイプです。たまに変化を求めますが、ほとんど習慣化した中で創作をもやっていける性格です。いわば農耕タイプなのかもしれません。きっと定年を迎える時には、創作活動と併行してスポーツやボランティアをやって、きっと自分なりにリズムを作って多忙さを保ち続けるのではないかと想像しています。                       Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 東京駅の「きたれ、バウハウス」展 先日、東京駅にあるステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展に行ってきました。バウハウスとはドイツ語で「建築の館」という意味です。1919年に建築家ヴァルター・グロピウスによって設立 […]
  • イサム・ノグチ 日本での活躍 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 8月になって… 週末になりました。今日から8月です。梅雨明けが遅れ、先月末までぐずついた天気が続いていました。8月は5日間の夏季休暇が取得できます。7日あたりから翌週にかけて夏季休暇を取ろうと思っています。毎年アジ […]
  • コロナ禍の6月を振り返る 職場が少しずつ正常を取り戻していく中で、やはりコロナ禍の影響はまだ残っています。今月は職場関連の会議が漸く可能になり、外会議も増えてきました。人と人とが顔を合わせて話し合う大切さを改めて感じた1ヶ月 […]
  • イサム・ノグチ 各国の旅から日本へ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.