ガウディを見た記憶

通勤電車で読んでいる本にアントニオ・ガウディに関する文章が出てきたので、自分も実際に見たことのある建築や公園が思い出されてきました。ガウディはスペインのバルセロナで活躍した建築家で、うねうねとした曲面を使った斬新なスタイルで知られています。自分は20数年前にバルセロナを訪れ、サクラダ・ファミリア大聖堂やグエル公園を見ています。サクラダ・ファミリア大聖堂は装飾を飽きずに眺めて過ごした思い出があります。塔の上の方まで螺旋階段が続き、先端まで登りつめました。危険な箇所がいくつもあって、日本ではこんなふうに公開できないと思ったものでした。グエル公園はモザイクのある広場が印象に残っています。執拗に繰り返されるカタチを見て、日本人の淡白さとの文化の違いを改めて思い知らされました。ガウディに同じスペイン人のピカソやミロやダリの血縁を感じ取りました。  Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 建築家等からの意見・感想② 「建築とは何か 藤森照信の言葉」(藤森照信他著者多数 […]
  • 天使について 今月のRECORDのテーマにした「天使」とは何か、キリスト教美術に疎い自分は一般的な画像の印象しか頭になく、天使の存在そのものを捉えておく必要があると思いました。事典を見てみると、天使とはユダヤ教、 […]
  • 週末 8月の終わりに… ちょうど日曜日が8月の最終日になりました。今月を振り返ると、大きかったのはアンコール遺跡を訪ねてカンボジアに行ったことでした。遺跡を見に外国へ行く楽しさを満喫しました。元気なうちにまたどこかの遺跡を […]
  • 再び、カンディンスキー 「再び、カンディンスキー」という表題をつけましたが、20世紀初頭に活躍したロシア人前衛画家カンディンスキーに関する文章は、「再び」どころではなく再三再四NOTE(ブログ)で取り上げてきました。書店に […]
  • 2013年 HPによる総括 2013年の大晦日を迎えました。今年はどんな1年間だったろうと振り返ってみると、自分にとって幸福と思える素敵な1年間だったと思っています。まず、自分を含めて家族が健康に過ごせたこと、周囲に大きな事故 […]

Comments are closed.