横浜の開港記念日

横浜港が開かれて今年で150年目だそうで、「Y150」というタイトルで、みなとみらい地区を中心に大きなイベントをやっています。今日は開港記念日で、このイベントも最高潮に達していました。自分はテレビで見ただけですが、イベントのあり方はともかく、自分の生誕地である横浜が開港150周年になったのは大変喜ばしいことだと思います。「ラ・マシーン」の上陸は実際に目にしましたが、動くところは残念ながら見ていません。まだ巨大クモはイベント会場にあると聞いています。先日は大桟橋まで行って、FUNEプロジェクトを見てきました。人を集めた祝祭も必要と思いますが、これからの横浜の街づくりや人づくりをどうしていくのかという課題が残されています。それを踏まえた次の行動が大切と考えます。横浜市で雇われて働く身分としては、今の祝祭よりも未来志向のプランに目が奪われていて、開港150年は祝祭で幕を引くのではなく、発展性をもったプロローグになって欲しいと願っています。                   Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 美術館建設&ビエンナーレ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • イサム・ノグチ 草月会館の「天国」 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 秋風吹いた9月の振り返り 9月の最終日になりました。いつまで酷暑が続くのかと思われていた季節も、朝晩は涼しく秋風が立つ陽気になりました。工房での滞在時間も長くなり、創作活動が充実する時期で、まさに芸術の秋が到来したと言えます […]

Comments are closed.