職場のメンタルヘルス

今日は管理職研修があって、最近職場で増えている「うつ病」等による心の病の話が出ていました。確かにメンタルな部分で休職する人は自分の近くにもいました。自分も4月から新しい職場に人事異動があって、仕事尽くめの毎日です。「生真面目で…仕事を抱え込み…孤立傾向で…」と講師の方に言われると、日頃職場でメンタルな相談に乗っている管理職だって、いつ「うつ病」傾向になるかわかりません。自分を振り返ると恐ろしくなるところですが、自分には公務の他に創作活動があり、それで自分の精神のバランスを保っていると言えるのかもしれません。モノ作りをしている時は、すべてを忘れて打ち込んでしまうのです。それはそれで思いつめると厳しいものがありますが、少なくても公務のストレスは発散しています。そこで創作に対するストレスが発生しますが、公務に戻ると逆に創作ストレスは消えてしまいます。自分には互いのストレスを回避する方法があると考えてもいいのかもしれません。                            Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 創作へのモチベーション 昨日までは梱包用木箱作りと陶彫部品の梱包に励んでいましたが、今日は来年に向けた新作の陶彫制作を行うことにしました。今月の個展が迫っているので、その準備として梱包をやっていたのですが、そればかりやって […]
  • 21’図録の完成 5月30日に個展用の図録を作るための撮影を行い、今日新しい図録1000部が自宅に届きました。図録は16冊目になりますが、毎回同じサイズ、頁数で作っています。図録は前頁カラー版で正方形の冊子になります […]
  • 週末 木箱に収納開始 週末になりました。週末になると今週の創作活動のことを書いていて、個展に向けた進捗状況を述べさせていただいています。陶彫部品を梱包する木箱が15個完成し、今週からその木箱に陶彫部品を2・3点ずつ収納し […]
  • 「文化的総合」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「2 […]
  • 「《逸楽の家》」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「3 […]

Comments are closed.