横浜中華街へ…

義母の三回忌が来月に迫り、食事会の予約に横浜中華街へ行ってきました。ウイークディだというのに結構人が多くて驚きました。横浜の観光スポットではありますが、まるで週末のような賑わいでした。行きつけの中華飯店に予約を入れて、家内と散歩をしました。久しぶりの中華街です。行けば必ず立ち寄るところが「チャイハネ」という雑貨店で、アジアや中南米の色彩豊かな雑貨が所狭しと置いてあるのです。プリミティヴなデザインはなかなか刺激的です。扱っている雑貨を見ると、敢えてアート感覚に優れたものを選んでいるような感じがします。アフリカの古い仮面は姿を消してしまいましたが、「チャイハネ」系列の別の店でよく見かけた仮面が楽しく、行く度にひとつくらい購入しようかと思っていたところ、その店が別の雑貨を扱うようになってしまいました。それでもそこで鉄製の馬や扉のようなモノを購入しています。それはインドの工芸品でした。やはり近くにこうした中華街があるのはいいなと思いながら帰ってきました。             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 汐留の「和巧絶佳」展 東京新橋にあるパナソニック汐留美術館で開催されている「和巧絶佳」展に行ってきました。「和巧絶佳」とは何か、図録から引用すると「日本の伝統文化の価値を問い直す『和』の美、手わざの極致に挑む『巧』の美、 […]
  • 週末 8点目と9点目の陶彫成形 新作は直方体の陶彫部品が数多く並ぶ風景を創出させる予定です。その直方体は単体もあれば3層に積み重なったものもあります。3層の陶彫部品は、上部の凹んだところに次の陶彫部品を積み重ねていく方法を取ってい […]
  • イサム・ノグチ 石壁サークル 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.