縄文土器への思い

新潟県に行ったことで、もう一度縄文土器を見に新潟県に来てみたいと思っています。十日町に多くの出土品があると聞いています。縄文土器を芸術として位置づけたのは岡本太郎ですが、自分も縄文土器の魅力に取り付かれている一人です。粗い作りに始原的な力があり、人がモノを作る原点のようなものを感じます。ピカソやモディリアーニがアフリカの彫刻に魅せられたように、自分も縄文土器に魅せられるのだと思います。人間の営みの中で派生する美には、説明のつかない力が宿っていると思います。縄文土器の装飾が装飾で終わらず、器全体にまるで生き物のような動きを感じさせるのは、自分の陶彫制作の発想の下地にもなっているのです。自分は縄文土器そのものをモチーフにしていませんが、現代の造形であっても人がモノを作る原点は当時も今も変わらないのではないかと思います。

関連する投稿

  • 窯入れが始まると… 窯入れが始まると、出勤前の早朝に工房へ行き、窯内の温度を確認し、また仕事帰りにも工房に立ち寄っています。自動的にコントロールされる電気窯なのに、自分は温度が気にかかって仕方ないのです。自分の手の届か […]
  • 「佐脇健一 未来の記憶」展 先日、目黒区立美術館で開催中の「佐脇健一 […]
  • ピカソの陶芸の魅力 箱根の彫刻の森美術館に「ピカソ館」があります。自分にとって「ピカソ館」の目玉は、ピカソが加飾または絵付けをした陶芸の数々だと思っています。これは見応えのあるコレクションで、箱根に行く度にこの陶芸たち […]
  • 陶を素材とする立体作品 フンデルトワッサーや池田満寿夫の陶芸を見ていると、これはもう用途を持つ陶磁器とは異なり、むしろ陶を単なる素材として扱った立体作品と言えます。これは彫刻分野の仕事です。そこに工芸的な要素はありません。 […]
  • 陶彫のはじまり 私は20代終わりで海外生活を切り上げて、日本に帰ってきました。海外でイメージを醸成した立体的な世界観を、30代初めになって陶のブロックを組み合わせることで表現できると考えていて、実際にそれが具現化さ […]

Comments are closed.