イメージする力を保つ

創作活動から離れていると、イメージする力が衰えてきます。美術の制作であれ詩作であれ、それは同じです。イメージする力は漫然と生きていても、なかなか身につくものではなく、常に何事かをイメージしようと心がけていなければ出来ません。作品作りが佳境を迎えるときに、何か別の世界が見えてきたり、制作途中の作品の発展したものが忽然と現れたりします。心が何かを求めている最良の状態と言えます。コトバは自分にとって困難な表現のひとつですが、詩を作るのも同じではないかと思います。コトバがいつも心に用意されていないと、詩が生まれてこないのかもしれません。イメージする力を保ち続けること、モチベーションを下げないようにしたいと考えながら、職場を後にして帰宅しました。                  Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 雛型の展示で思うこと 立体作品の展覧会に行くと、初めは大きな作品に目が奪われますが、じっくり見ていくうちにガラスケースに入った雛型に注目が移ります。雛型にはいろいろな謎が隠されていて、ひとつひとつ想像しながら鑑賞すること […]
  • 思索という制作過程 造形活動への渇望を昨日のブログに書きましたが、3月まで勤めていた職場なら今週末は制作続行というスケジュールが組めたのに、今ではそういうわけにはいかず、今週末は自分のやってきた造形に対し、距離を置いて […]
  • 発掘〜遺構〜に寄せるコトバ 7月の銀座の個展に出品する作品で、タタミ六畳の面積を有する「発掘〜遺構〜」に寄せるコトバを思案しています。図録の1ページ目に掲載するコトバです。この作品のイメージを辿り、初めにどんな思いがあったかを […]
  • 「構築〜包囲〜」HPギャラリーにアップ 1月末から2月にかけて横浜市民ギャラリーで展示した「構築〜包囲〜」がアップしています。このブログを書き始めると同時に作ってきた作品なので、制作の一分始終をブログに記録してきました。夏の間中、額に汗し […]
  • 作品展示の演出 彫刻を学んでいた学生時代には、作品のクオリティを高めることに精を出していて、作品がどこに展示されるかは念頭にありませんでした。作品を人に見せることを考えていなかった時代です。これはこれでよかったと今 […]

Comments are closed.