5月の空に…

五月晴れというコトバがありますが、今日は荒れ模様の一日でした。週末の日課として、亡父の残した畑に行って倉庫建設の様子を見ますが、雨風で周囲の木々が大きく揺れていました。我ながら美しいところだなと思っています。ここで作業が出来るようになればいいなとも思います。現在は自ら作業にストップをかけています。頭の中でイメージを貯め込んで、ぐるぐる考えながら作品の種を精選しているのです。週末でなければ出来ないことです。5月の空を見ながら、太陽と雨が交互にやってきて、青葉若葉を芽吹かせて木々を育てている様子が、何もしない週末だからこそよく見えます。今日は雲が垂れ込め、遠くから風の唸り声が聞こえていました。雨が来るたび気候が変化して夏に近づいていきます。汗が滴る夏に向う気配を感じつつ、5月の空をずっと眺めていました。                    Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 19’RECORD4月~6月をHPアップ 久しぶりにホームページにRECORD3ヶ月分をアップいたしました。撮影は昨年終わっていて、カメラマンの準備は万端だったのですが、私のコトバが遅くなってしまい、漸くアップできた次第です。2019年は「 […]
  • 15回目の個展をExhibitionにアップ 今夏、開催した15回目の個展をホームページのExhibitionにアップしました。Exhibitionでは、ギャラリーせいほうの展示空間をそのまま見ることができて、図録の撮影の時とは違った雰囲気があ […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 恩師からの手紙より抄 個展を見に来られた人の中で、文筆業をやっていらっしゃる方がいます。彼は書籍を何冊か出版されていますが、私にとっては恩師とも思える人です。時間が合えば貴重なお話を伺えるのですが、今回は私がいない時間に […]
  • 鑑賞者としての学び 私の職場で発行している広報誌に禅画に関する文章を寄稿しました。このところ鞄に携帯している書籍として「あそぶ神仏」(辻惟雄著 […]

Comments are closed.