「陶」という素材

「陶」は語りつくせないほど思い入れのある素材です。彫刻を学び始めた20代初めから興味関心がありました。塑造を石膏で型を取り、そこに新たな石膏を流し込み、型を割って石膏として作品を残す方法に、当時はずっと疑問を持っていました。何とか粘土の状態で作品を保存できないものかと考え始めた時に、粘土を高温で焼いて石化させる陶芸は、そんな思いに応えるのに十分な技法でした。でも陶芸のことを何も知らず、作品を窯に入れてもことごとく割れて随分落ち込みました。でもどうしようもないくらい「陶」の魅力にとりつかれていて、何度もチャレンジしました。そもそも土肌が大好きで、縄文や弥生土器にプリミティブな力を感じていたので、自分の心に芽生え始めたイメージを何とか「陶」でやってみたいと思っていたのです。土から生まれる造形。人間が始めて無形な素材から作り出す喜びを味わったであろう造形。そんな「陶」とは一生をかけて付き合っていくのだと改めて思っています。                            Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 上野の「イサム・ノグチ 発見の道」展 先々週、家内と東京上野にある東京都美術館で開催中の「イサム・ノグチ […]
  • 新作の陶彫部品第1号 このところ現行作品の梱包を続けていますが、この単純作業だけでは飽きるので、来年に向けて新しい作品も同時に作り始めています。来年の作品も陶彫部品を組み合わせて集合彫刻として見せるもので、木材とのコラボ […]
  • 週末 新作の陶彫彫り込み加飾 今日は朝から美大受験生2人が工房に来ていました。私が週末であるのを意識できるところは彼女たちが来ているかどうかだなぁと思っています。工房での作業は週末だからといって私には特別でなくなっているため、人 […]
  • 週末 来年の新作への第一歩 このところ7月の個展に向けて作品の梱包を始めていますが、梱包は創作活動ではないため忽ち退屈してしまい、一日の時間のうちに何か工夫を凝らさなければならないと実感しています。そこで、梱包作業と併行して来 […]
  • 2つの新しい印を作る 石による印材に自分の名前を自ら彫り、新しい作品が完成した時に裏側に印を貼っていくのが、私が今まで続けてきた方法です。私の作品が集合彫刻で陶彫や木材で成り立っているため、その組み立てにそれぞれの部品に […]

Comments are closed.