東京の「阿修羅展」

連日多くの観客で賑わっている「阿修羅展」に行ってきました。混雑を避けて閉館間際に飛び込みましたが、開館時間が延長していることを知っている人たちも多く、入場してみるとやはり阿修羅像の周りはたくさんの人がいました。阿修羅像は昨年の夏に興福寺で見ていますが、東京の国立博物館で見る阿修羅像は印象がまるで違いました。まずライトアップ。金色に輝くと言っては言い過ぎかもしれませんが、阿修羅像が置かれている舞台がポゥと明るくて何か別の空間に置かれているような錯覚を覚えました。それから興福寺の宝物館では見られない阿修羅像の背後。正面の顔の左右にある二つの顔が背後から見ると左右に分かれた横顔になり、その美しさにしばらく時を忘れてしまいました。背中もすっきりとした美しい面をしていて、これを見るために東京上野までわざわざ来たかいがあったと思ったほどでした。   Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 暁斎流の「鳥獣戯画」について 先日、閉幕してしまった「河鍋暁斎の底力」展で、私が気になった数多くの下絵の中から、展覧会のポスターにもなっている作品を取り上げます。ポスターは「鳥獣戯画 猫又と狸 […]
  • 週末 土練り&美術館鑑賞 新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が出されている中、東京の博物館や美術館に行っていいものかどうか、数日前まで迷っていましたが、展覧会の開催期間終了が迫っていることもあって、インターネットや […]
  • 東京駅の「河鍋暁斎の底力」展 既に終了している展覧会の感想を述べるのは、広報という意味がなくなったために甚だ恐縮とは思いますが、私にとって大変面白い展覧会だったので、敢えて感想を言わせていただきます。東京駅にあるステーションギャ […]
  • 横浜の「トライアローグ」展 先日、横浜美術館で開催されている「トライアローグ」展に行ってきました。トライアローグとは三者会談の意味で、横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館の3館の20世紀西洋コレクションを一堂に会して展示する […]
  • 週末 1月を振り返って… 1月最終日になり、今月を振り返ってみたいと思います。今月創作活動がやれる期間として、まず正月の休庁期間が5日間ありました。その5日間を含めて週末のほとんどすべてを、新作の厚板材による土台作りに費やし […]

Comments are closed.