「彫刻の呼び声」を読んで…

表題は峯村敏明著「彫刻の呼び声」(水声社)で、銀色一色のシンプルで現代的な装丁に魅かれて購入しました。彫刻とは何かを問う真摯な評論集で、時間をかけてじっくり読み込みました。一貫したテーマである「存在」を美術界の様々な状況の中で提示されていました。こうした哲学的な思索は、自分の作っているものが一体どうなのかを自問自答する機会にもなって、大変刺激的です。つい職人的な手わざに走る近視眼的な傾向がある自分には、自分の今までの制作を振りかえり、自分なりに彫刻とは何かを自分に問いかける必要を感じてしまいます。というのは彫刻を通した思索とその具現化が、自分をして作品を作らせる動機になっているからです。通勤電車の中で、とつおいつ読んだ数週間でしたが、周囲が気にならなくなるほど没頭していました。

関連する投稿

  • 「保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965」 「保田龍門・保田春彦 往復書簡 […]
  • 夏気分を惜しみながら… 今日で8月が終わります。月が変わることに郷愁を感じるのは夏の特徴かもしれません。開放感あふれる夏だからこそ流行り歌にもなり、移ろう夏気分を惜しむ情景になるのだと感じます。今月の創作活動を省みると、と […]
  • 人体塑造からの転位 立体の構造を理解し把握するために粘土による具象的なモチーフを作り始めたのは、自分が20歳になるかならないかの頃でした。それは自分が初めて彫刻という表現分野に足を踏み入れた時で、覚えているのは10代後 […]
  • 囲むカタチ 何本もの柱に文様を彫り、その柱を円形に立てて囲むカタチを作りたいと考えています。現在進行している彫刻ですが、前にブログで書いたとおり今は構成要素となる部分(柱)を作っている最中で、これを組み合わせる […]
  • イサム・ノグチ 最晩年の代表作品 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.