恒例の砂マチエール貼り

現在制作中の陶彫作品の土台部分に、恒例ともいえる砂マチエール貼りを始めました。思えば砂マチエールとのつき合いも10年以上が過ぎていて、自作のほとんどが砂を貼った作品です。砂マチエールは最初油彩画で始めました。20年前ヨーロッパ生活に終止符を打って帰国した時、向こうで溜め込んだイメージを陶による彫刻で表現したいと考えていました。それまで陶芸を試みたことがなく、陶芸が出来るようになるまでイメージ通りの土肌を何とか得たいと考えていて、とりあえず画布に砂を貼って油絵の具を染み込ませたのが砂マチエールとの出会いでした。陶彫が出来るようになっても砂マチエールは続き、陶と組み合わせて作品化しています。砂に硬化剤を入れて混ぜ合わせ、今回はレリーフ状に彫った土台部分に貼っていきました。作業はまだ継続中ですが、込み入った部分があるので時間はかかりそうです。 Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 積み重ねる作業の合間で… 週末になりました。今日は雨模様で気温も上がらず、凌ぎ易い一日になりました。朝8時に工房に出かけ、明日の成形のためにタタラを用意したり、前の陶彫成形でまだやり残している彫り込み加飾を行ないました。週末 […]
  • 小品を1点廃棄することに… 今年作っている陶彫の小品「陶紋」は5点ありましたが、窯出しをしたところ5点のうち1点に罅割れがあり、修整不可能と判断して廃棄することにしました。廃棄を決めた1点は、彫り込み加飾を一番細密にやっていた […]
  • イメージの更新 新作のイメージはどういう場面で湧いてくるのでしょうか。私の場合は現行の作品制作が佳境を迎えているか、また課題に突き当たって困難を極めている時に、ふと湧きおこることが多いと感じています。現行の制作に落 […]
  • 「発掘~聚景~」のイメージ 厚板6枚で屏風を構成し、その屏風と床を使って陶彫部品を組み合わせた作品を「発掘~聚景~」と名づけることにしました。聚景は造語で「しゅうけい」と読みます。屏風には格子模様の穴を刳り貫き、その穴を避ける […]
  • 昭和の日は彫刻制作一辺倒 例年ならゴールデンウィークに入り、観光地がごった返しているニュースが流れていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国に緊急事態宣言が出されていて、外出自粛が呼びかけられています。以前私 […]

Comments are closed.