転寝で見た夢

今日は珍しく仕事が少なくて、うつらうつらと眠くなるような時間がありました。帰宅してからも転寝をして先ほど目が覚めたところです。転寝で見た夢で、記憶の中に仕舞いこまれた風景や日常が立ち現れて、自分の無意識で勝手なアレンジを伴って消えていきました。自分の場合、夢はすぐに忘れてしまうので、夢の跡を辿るのは難しい作業ですが、とりとめのない日常が別の日常にコラージュされて、懐かしいような重苦しいような気分になりました。夢の中でも自分は自由な人間とはならず、現実がそのまま投影されているような、今生きている状況の延長線上にあって何か少しばかり欠損している生活を送っていました。満たされないものがあると感じる日常、それだからこそ現実の社会でもより良く生きようとしているのだと改めて感じたひと時でした。                             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 汐留の「和巧絶佳」展 東京新橋にあるパナソニック汐留美術館で開催されている「和巧絶佳」展に行ってきました。「和巧絶佳」とは何か、図録から引用すると「日本の伝統文化の価値を問い直す『和』の美、手わざの極致に挑む『巧』の美、 […]
  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • イサム・ノグチ 石壁サークル 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]

Comments are closed.