転寝で見た夢

今日は珍しく仕事が少なくて、うつらうつらと眠くなるような時間がありました。帰宅してからも転寝をして先ほど目が覚めたところです。転寝で見た夢で、記憶の中に仕舞いこまれた風景や日常が立ち現れて、自分の無意識で勝手なアレンジを伴って消えていきました。自分の場合、夢はすぐに忘れてしまうので、夢の跡を辿るのは難しい作業ですが、とりとめのない日常が別の日常にコラージュされて、懐かしいような重苦しいような気分になりました。夢の中でも自分は自由な人間とはならず、現実がそのまま投影されているような、今生きている状況の延長線上にあって何か少しばかり欠損している生活を送っていました。満たされないものがあると感じる日常、それだからこそ現実の社会でもより良く生きようとしているのだと改めて感じたひと時でした。                             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 東京両国の「古代エジプト展」 昨日、家内と東京両国にある江戸東京博物館で開催されている「古代エジプト展」に行ってきました。展覧会に行くのは久しぶりで、たっぷり一日をかけて企画展と常設展を見て回りました。例年なら時間がない中で焦っ […]
  • 管理職退職辞令交付式に参加 3月の最終日になりました。私が35年間勤めていた横浜市公務員としての仕事が終わる日でもあります。今日は保土ケ谷公会堂で管理職退職辞令交付式があり、参加をしてきました。定年退職と言っても私の場合は再任 […]
  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 「形式論理学と超越論的論理学・付論3」第1節~第4節について 「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]
  • 「中空の彫刻」再読開始 昨日まで集中して「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]

Comments are closed.