大阪のニューハーフたち

毎年この時期に大阪に出かけているので、職場の仲間と連れ立って夜のコースを楽しんでいます。梅田にあるニューハーフ・バーに行って、トークやステージショーを満喫しているのです。「JACK&BETTY」という店は健全な料金でやっていて常連客も多いようです。一歩踏み込むと倒錯した世界が待ち受けるのが非日常的でいいし、むしろ普通のナイトクラブより気楽な気持ちで入れる店だと思います。ニューハーフたちはとても奇麗です。大変な費用をかけて身体を作り上げているので、一見する価値はあるかなと思います。ママさんのステージ・トークは毒舌のきいたユーモアがあって、思わず笑ってしまいます。開業25周年だそうですが、いつまでも梅田で営業していて欲しい店です。                       Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 「発掘~盤景~」砂マチエール開始 新作「発掘~盤景~」の木材による土台加工がまだ完全に終わっていませんが、出来ている土台に今日から砂マチエールを施す作業を開始しました。砂マチエールは20年以上前の私のデビュー作品「発掘~鳥瞰~」から […]
  • 週末 小品「陶紋」に取り掛かる 毎年、夏の個展には大作の他に小品を作って展示しています。数年前から「陶紋」と名づけていて、カタチはいろいろパターンがありますが、シリーズとして通し番号をつけています。全て陶彫作品なので、図録用撮影日 […]
  • 「マーク・マンダースの不在」展の図録から 先月の13日(火)に東京都現代美術館で見た展覧会の図録が郵便で送られてきました。展覧会についての自分の感想は既にNOTE(ブログ)にアップしていますが、「マーク・マンダースの不在」展について、自宅に […]
  • 「形態と色彩の新しい概念」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第3章 彫刻的陶器への発展と民衆的木彫の発見(1887末~1888末)」に入り、今回は「2 […]
  • 週末 新作の柱の木彫 今年の7月個展に出品する大きな新作2点のうち、陶彫部品を伴わないテーブル彫刻を現在制作しています。その新作はテーブル部分では文様を刳り貫き、それを有機的な形態を持つ4本の柱で支える構造を持つ作品です […]

Comments are closed.