大阪・劇団四季「オペラ座の怪人」

職場の仲間と大阪に研修に行くことになり、梅田の大阪四季劇場で上演中の「オペラ座の怪人」を観ました。前に下野昇叔父が出演した「CATS」を観たことがあり、劇団四季の舞台は久しぶりでした。開演早々豪華な装置や衣裳に目が奪われ、オペラの発声によって進行するミュージカルにしばらく時間を忘れてしまいました。劇団四季は日本で成功している有名な劇団で、観客の楽しませ方を心得た舞台は、観ていて安心感がありました。キャストもダブルキャストどころではない大勢のキャストを抱えていて、長丁場を乗り切るための工夫や手段を感じました。

関連する投稿

  • 彫刻における台座の意味 「地面が庭園の一部であるのと同じように、床を彫刻の一部である場所、あるいは平面と考えた。~略~ノグチは、日本では地面に据えられた岩は『下にある原始の塊体から突き出す突起を表現している』と言った。庭園 […]
  • イサム・ノグチ 自伝と遊び場 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 「命題論的分析論としての形式論理学」第18~22節について 「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]
  • 週末 7点目の陶彫成形 今日も蒸し暑い一日でしたが、九州に近づく台風10号の影響か、突如大雨が降ったり、また日差しが戻ったりして安定しない一日でした。家内の親戚がいる奄美大島では大変なことになっているようで、被害を最小限に […]
  • 15回目の個展をExhibitionにアップ 今夏、開催した15回目の個展をホームページのExhibitionにアップしました。Exhibitionでは、ギャラリーせいほうの展示空間をそのまま見ることができて、図録の撮影の時とは違った雰囲気があ […]

Comments are closed.