下野昇リサイタルに寄せて

声楽家下野昇は家内の叔父です。ちょうど家内と付き合いだした大学4年生の頃、初めて東京文化会館でのリサイタルに連れて行かれ、声量の凄さに驚いたことを覚えています。その頃、叔父は小沢征爾指揮によるオペラに出演もしていて雲の上の存在でした。家内と一緒になってから幾度となくリサイタルに招かれ、その度に豊かな表現力に声援を送ってきました。今年73歳の叔父は横浜市青葉台のホールでリサイタルを行い、昔と変わらぬ声量に驚かされ、またその声量に支えられた歌心に鳥肌が立ちました。自分の創作活動も叔父のようにずっと豊かな表現力を持っていたいとつくづく思いました。ピアノ伴奏した河原忠之氏の技量も特筆すべきものがありました。決して歌より表に出ない伴奏でありながら、その音の表情は雄弁そのもので伴奏に聴き惚れてしまいました。ギャラリーで発表する自分の作品にも言えることですが、こうした場所に客を呼ぶ以上は、来てよかったと思えるものを提供すべきと感じました。                       Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 「海の日」は個展会場へ… やっと休日になり、自分の個展会場に足を運ぶことができました。個展は既に始まっていますが、私には今日が初日と言う感覚がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個展にはほとんど人が来ないだろうと […]
  • 週末 個展搬入日 いよいよ14回目の個展のために作品を搬入する日がやってきました。朝9時半に運送用トラックが工房にやってきました。運送業者は2名、こちらのスタッフは後輩の彫刻家や学生2人、そこに家内と私を加えて5名で […]
  • 個展の初日を迎え… 今日から東京銀座のギャラリーせいほうにおいて、私の15回目の個展が始まっています。例年なら初日は必ずギャラリーに行って、私は鑑賞に来てくださる方々を迎えていました。ちょうど海の日が月曜日にあり、職場 […]
  • 週末 個展最終日&搬出 今日は画廊開館の午前11時から、ギャラリーせいほうにいました。今年の個展最終日となった今日は多くの方々に来廊していただきました。職場関係の方々や家内の演奏家仲間、美術系の出版社、他の画廊のオーナー、 […]
  • 連盟ニュースより記事抜粋 私は日本美術家連盟(一般社団法人)の彫刻部に所属しています。そこから毎月「連盟ニュース」が郵送されてきて、記事を楽しみにしています。4月号は「ご意見番に聞く」というコーナーで、私にとってお馴染みのギ […]

Comments are closed.