とりあえず格子文様

先月や今月のRECORDで格子文様をやっているためか、立体作品にも格子文様が登場してしまいます。イメージが格子に囚われていると言っても過言ではありません。格子は美しいと感じたことが頭の中で繰り返され、何か作ろうとしても、とりあえず格子を描いてみるという按配です。今制作している陶彫の土台部分は週末にあれこれエスキースを繰り返して、結局は格子文様が波打っているレリーフに落ち着きました。とりあえず格子文様をエスキースの途中からやってみた結果、やっぱりこれでいこうということにしたのです。格子文様を使えば、きっといいものが出来ると信じていて、イメージを捉えやすいのです。初めに考えていたレリーフは一体なんだったのか、日曜日の午前中いっぱい使った時間は無駄だったのか、でもエスキースで試したカタチのあれこれを、自分としては徒労に終わったとは思わず、格子文様の美しさを時間をかけて再確認したと思うことにしました。      Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]
  • 週末 工房に9時間 作業がやりやすい気候になりました。夏の猛暑で遅れた工程を何とかしようと、今日は朝8時から夕方5時まで9時間の制作をしました。まず昨日作っておいたタタラを使って成形を3点。今日は肉体労働ではなく精神労 […]
  • アイヌ文様の新鮮さ NHK教育テレビ「美の壺」でアイヌ文様を扱っていました。自分もかつて北海道に行った折にアイヌの村に立ち寄って、木彫の日用品や服に施されたアイヌ文様を見てきました。まさに番組で紹介された通り、奔放なデ […]
  • 2008年HP・ブログのまとめ 今日で2008年が終わります。今年を振り返ると、7月の個展の後に新作の制作に入りましたが、公務の研修が多くて例年より制作が捗らず、今も継続中です。平面作品のRECORDは2年目に入り、これも継続中で […]
  • 遅々として進まぬ荒彫り 三連休の中日です。朝から工房に篭って木彫の荒彫りをやっていました。なかなかイメージ通りにならず、何度も木材に鉛筆で線を書き込んでは消していました。蔓のような木の根のようなモノが蛇行して這っていく状況 […]

Comments are closed.