バイオリズムと作業

いつぞやブログに書いた記憶がありますが、今日は一日のバイオリズムを考えながら過ごしました。丸一日自分のために時間が使える日は貴重な一日で、とことん作業をやっていたいのですが、気分や集中力に限界があって、思ったようには出来ません。創作行為はとくに感情に左右されるところがあって、気持ちが入るまでに時間がかかります。午前9時から作業を始めて、集中力が増すのが11時くらい。昼食後は午後1時から始めて、3時くらいにもう一度ヤマ場が来ると感じました。夏に制作を集中してやっている時も同じような具合だったと思います。また、彫刻だけではなく、別の作業を始めると集中力が再燃します。木を彫ったり土を練ったりする行為と、平面に絵の具で描く行為は別の世界で、新たなバイオリズムがあるように思えます。作業を変えながら複数の技法を同時にやっていくのがいいのではないかと思いました。                           Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 母の一周忌&窯入れ準備 週末になりました。今日は新作の制作ノルマがありましたが、昨年4月に亡くなった母の一周忌に当たるので、菩提寺に出かけて、お経をあげていただきました。その後で墓参りもして新しい卒塔婆を立てました。祖母の […]
  • 週末 3月最初の週末として… 3月最初の週末を迎えました。何回かNOTE(ブログ)に書いてきていますが、今月末で公務員管理職を退職する私にとって、週末ごとに創作活動に励む今までの生活は、今月のみになりました。何か特別な感じがしま […]
  • 週末 陶彫加飾&窯入れ 今日の天気は昨日の雨風が嘘のように晴れわたり、気温も上昇しました。工房に流れているFMラジオから、東京の桜の開花宣言があったと報道されていました。気温だけを考えれば春爛漫と言える季節になりました。工 […]
  • 週末 陶彫成形の準備 やっと週末になりました。職場ではいよいよ来年度に向けた取り組みが始まり、私は来年度人事に着手しました。管理職として全職員の適材適所を見極め、人事を決定することは、私にしてみれば年間を通じた一番大きな […]
  • 一区切りの制作目標 二足の草鞋生活の最後を彩る今月の制作目標を考えました。2021年3月、この1ヵ月で私の制作スタイルは一区切りです。来月から週末を考えなくてもよくなるので、今月に関しては来月を見通して制作目標を立てる […]

Comments are closed.