職場で三吉演芸場観劇

昨日は警察署で武道初めを見て、今日はまったく雰囲気を変えて三吉演芸場に行ってきました。これは職場で新年会として自分が企画したものです。横浜に住んでそこで働いている身としては、常々地元の演芸場を応援したいと思っているのです。今日は橘菊太郎劇団の座長不在日で、恋瀬川情炎というゲスト座長がやってきました。この人の追っかけが指定席を占め、私たちは後ろの方の自由席をとりました。案の定大入り満員でした。お客さんから戴いた万札を胸につけて歌い踊る役者は、まさに客あっての商売で、サービス精神に溢れ、色気や情感いっぱいの空気をまき散らせていました。自分はこうした商業演劇が結構好きな方です。作り物の世界は芸能も芸術も変わらないと思っているほどです。理屈なしに楽しめる濃密な時間を過ごし、ちょっぴり心が元気になったような気がしました。              Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 梱包用木箱の製作開始 週末は個展準備の状況を書いていきます。今週から梱包用木箱を作り始めていました。「せいさく」という漢字には「制作」と「製作」の2種類があります。創作的な行為は「制作」、工作的な行為は「製作」を使います […]
  • 21’個展図録の色稿と案内状印刷 来月の個展に関する図録の色稿が出来上がってきました。今度の個展で16回目になりますが、図録に関しては1回目から同じ大きさ、同じ頁数で作っています。案内状(DM)は1500部印刷されて手元に届きました […]
  • 「木彫浮彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第4章 陶製彫刻と木彫浮彫(1889年と1890年)」の「6 […]
  • 週末 3点目の陶彫成形 日曜日は毎回美大受験生が2人工房へやってきます。彼女たちのうちの一人は予備校の夜間コースに通っていて、そこで出された課題を工房に持ち込んでくるのです。昼間は高校に通い、夜は予備校、そして週末は工房に […]
  • 「ライゾマティクス_マルティプレックス」展の図録より 4月13日に見に行った東京都現代美術館の「ライゾマティクス_マルティプレックス」展の図録が郵送で自宅に届きました。随分時間が経っていたので、私は同展会場で図録を注文したことを忘れていましたが、届いた […]

Comments are closed.