職場で三吉演芸場観劇

昨日は警察署で武道初めを見て、今日はまったく雰囲気を変えて三吉演芸場に行ってきました。これは職場で新年会として自分が企画したものです。横浜に住んでそこで働いている身としては、常々地元の演芸場を応援したいと思っているのです。今日は橘菊太郎劇団の座長不在日で、恋瀬川情炎というゲスト座長がやってきました。この人の追っかけが指定席を占め、私たちは後ろの方の自由席をとりました。案の定大入り満員でした。お客さんから戴いた万札を胸につけて歌い踊る役者は、まさに客あっての商売で、サービス精神に溢れ、色気や情感いっぱいの空気をまき散らせていました。自分はこうした商業演劇が結構好きな方です。作り物の世界は芸能も芸術も変わらないと思っているほどです。理屈なしに楽しめる濃密な時間を過ごし、ちょっぴり心が元気になったような気がしました。              Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 週末 彫刻の視点を考える 週末になりました。朝から雨模様の肌寒い一日でした。急に秋がやってきた感覚があって、加えてウィークディの疲労も相俟って身体が重く、一日を通して緩慢な動きになってしまいました。朝8時から午後3時までの7 […]
  • 週末 11点目の陶彫成形 9月最後の週末です。今月は4回週末がやってきました。今日の陶彫成形を含めると今月は5点の立体を立ち上げたことになります。週末の中に四連休があって、連休中に土台のための厚板材を一部切断し、全体構成を考 […]
  • 台風接近でも野外イベント実施 私の職種を知っている人であれば、ここに登場する野外イベントがどんなものであるのか、予め見当がつくと思います。本来なら5月に行うイベントでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今月になって実施した […]
  • 2020年評壇に掲載された寸評より ビジョン企画より出版されている新報の美術評壇欄に、私の個展の寸評が掲載されました。執筆を手掛けている美術評論家瀧悌三氏は、毎年必ずギャラリーせいほうに来てくださり、メモをされていきます。今回は瀧氏に […]

Comments are closed.