映像による「桂離宮」

昨夜のNHKスペシャルで「桂離宮」が放映されました。2年前に訪れた桂離宮の記憶が甦り、いい気持ちになりました。桂離宮はそこかしこに美の工夫が凝らされて、その自然を模した細やかな情景に思わずため息が出てしまいます。自分が気に入っているのは飛び石の配置です。テレビの映像を通しても美しさは伝わりましたが、実際に石を踏みしめて歩いてみると、カタチや色彩で配置を決めたであろう作庭家の力量を感じてしまいます。池を隠す木々の演出もなかなか素敵です。すべてが空間演出の中に自然物が存在して、巨大な環境彫刻の中を彷徨っている錯覚に陥ります。自分も複数の彫刻を配置し空間を演出する「場」を作りたいと考えています。桂離宮に見られる場の捉え方は大変勉強になると思っています。            Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 7月RECORDは「螺旋の風景」 通勤中に読んでいる「ヨーロッパの形 螺旋の文化史」(篠田知和基著 […]
  • 週末 新しい作品へ向けて 個展終了から早くも1週間が経ちました。間を開けずに新作を作り始めるのが私の流儀です。ちょっと休みたい気分になりますが、休息を入れるのは新作を作り始めてからと決めているのです。実際、新作の陶彫部品のひ […]
  • 「写生雑録帖」と「写生図巻」 根津美術館で開催されている「円山応挙展」に、応挙のエスキースと言うべき写生の原本が出品されています。応挙の完成度の高い写実的な絵画は、写生の原本に見られるような研鑽と修練によって到達した境地と言えま […]
  • 鉛筆に親しみを込めて… 数ある筆記用具の中で、自分は鉛筆に特別な思いを抱きます。職場の私の部屋には鉛筆削りがありませんでした。今日は自宅から鉛筆削りを持参してきました。鉛筆削りはアナログなものが好きで、電動は好みに合いませ […]

Comments are closed.