2008年HP・ブログのまとめ

今日で2008年が終わります。今年を振り返ると、7月の個展の後に新作の制作に入りましたが、公務の研修が多くて例年より制作が捗らず、今も継続中です。平面作品のRECORDは2年目に入り、これも継続中です。陶彫作品はまだカタチにならず、来年早々に持ち越しです。と書いていくと、年の変わり目が制作の変わり目にはならず、夏の個展で一区切りつける按配だと思っています。ブログは毎日書きました。今年は今日で365回目の文章です。たいしたことは書いていないのですが、毎日つまらないことでも書いていくことで、自分が創作行為に少しでも関わっている自覚が生まれるのです。ブログは人に見せるというより、自分のメモとして残しておきたいと考えて書いていました。これも来年に継続です。ともかく来年に持ち越すことばかりの1年間でしたが、来年も無理をせず、焦らず休まずやっていこうと思います。ブログを読んでいただいている方々に、稚拙な文章でお恥ずかしい限りですが、また来年もよろしくお願いいたします。        Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 払拭できない具象のイメージ ポストカード大の平面作品を毎日描いているRECORD。今シーズンは1ヶ月ごとに幾何形体をひとつ決めて、それをもとに日々思いつくイメージを作品にしています。正方形や三角形、円といった定規で作るカタチを […]
  • 「構築シリーズ」に向けて 来年7月のスケジュールに入れていただいている「ギャラリーせいほう」での個展では、「構築シリーズ」をスタートする予定です。今まで「構築〜包囲〜」と「構築〜解放〜」に取り組んできましたが、「構築〜包囲〜 […]
  • 彫刻制作の意味するところ 毎日制作をしていて、ふと思うことがあります。作品制作はまず自分が作りたいイメージがあって、それをカタチにしたいと欲して制作をしているわけです。幸い個展やらグループ展で鑑賞者の目に触れる機会が持ててい […]
  • 制作の小さな分離形 現在制作中の30本の柱が林立して囲むカタチは「構築〜包囲〜」とタイトルをつけることにしました。まだ手をつけていない柱が6本あり、早速彫らなければならず、時間との戦いになりつつあります。そんな忙しい時 […]
  • 「構築~楼閣~」について 今年7月の個展で発表する木彫と陶彫による作品の題名を「構築~楼閣~」にしました。「楼閣」とは高い構えの建物という意味です。現在制作中のこの作品は、昨年発表した「構築~瓦礫~」のように割れた球体をいく […]

Comments are closed.