携帯電話の買い替え

自分は電話とメールくらいしか使わない携帯電話ですが、家内は映像や音楽のダウンロード、ゲーム等携帯電話の機能をフルに活用しています。初めは携帯電話なんて嫌いと言っていたのに、一度持ち出したら手放せなくなっているようです。10年くらい前に一緒に購入した携帯電話ですが、何回か買い換えています。今回は、というより今回も家内の携帯電話が壊れて、今日買い換えてきました。私は買っても放りっぱなし、家内はさっそくいじりまくって発信音や待ち受け画面を自分なりに変えています。便利な通信機器ですが、これが普及していなかった時代は、その時代なりの楽しみがあったはずと考えると、これが本当にいいものかどうかわかりません。昼間作業場でやっていた砂のマチエールを貼る作業は手で行う素朴な仕事ですが、こういうリアルな世界が傍らにないと自分は落ち着かない性格で、遠方から画像や文字が通信されてきたりする世界は、やはり馴染めないのかもしれません。Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 「《逸楽の家》」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「3 […]
  • 「状況-思考の神秘的内部を表すこと」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「1 […]
  • 「文化的総合」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「2 […]
  • 「 《オヴィリ》1・2」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「3 […]
  • 飛躍の6月を振り返る 今日で6月が終わります。今月は7月個展のために図録を作成し、案内状も自宅に届きました。個展に出品する作品の梱包を始めていて、現在は陶彫部品を収納する木箱の製作に追われています。木材を調達しながら木箱 […]

Comments are closed.