凝縮した時間を生きる

砂のマチエールに関わって今日も一日が終わろうとしています。作業場に朝入ると、あっという間に夕方がやってきます。まさに凝縮した時間を生きている感じです。何も考えずに手先だけを見つめて7時間、それが一瞬とも思える7時間です。創作活動に憑かれると一生が短いと感じるのは自分だけでしょうか。ああしたい、こうしたいが増えてきて、技能が追いつかなくなる感じです。たったひとつのことしかやっていないのに、次から次へイメージが溢れてくるのは創造行為の特徴です。中途半端なところでは幕引きが出来なくなってしまうのです。今日は腕や肩、腰の疲れだけではなく、目の疲れもひどくなってきたので、身体的な理由で作業の幕引きをしましたが、明日も継続です。                            Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 厚板刳り貫き作業 一昨日から新作となるテーブル彫刻を作っています。今日はテーブルとなる厚板材の制作を行いました。今までテーブル彫刻は幾つか作ってきました。テーブルの上に陶彫部品を設置したものやテーブルの下に陶彫部品を […]
  • 厚板下書き&バラ園散策 中規模の新作は今日から作り始めました。過去幾度となく私が作ってきたテーブル彫刻になりますが、今回の新作では陶彫部品を接合せず、木材のみで作ります。厚板を4本の柱で支える構造ですが、厚板には文様化した […]
  • 週末 BankARTの「山本愛子展」 週末になりました。昨日から取り掛かっているテーブル彫刻制作を継続しています。今日の午前中はテーブル部分の文様の刳り貫き作業を開始しました。昨日描いた下書きをさらに煮詰めて、刳り貫く部分と残す部分を決 […]
  • 連休最後の日 今日でゴールデンウィークが終わります。3月で公務員を退職したため、連休という意識が薄れつつありますが、それでも昔からの慣習で、連休中に何かやろうと思い、仏像に関する書籍を読んで知識を深めることにしま […]
  • 「第五章 そのほかの尊像」について 「仏像図解新書」(石井亜矢子著 […]

Comments are closed.