彫り跡の処理

116本の杉の柱の修整彫りに入りました。新作「構築〜起源〜」の土台から立ち上がる柱は表現上重要なもので、この処理をどうするかで作品の印象が違ってきます。構築シリーズは3年目になりますが、工芸的な印象を避けるため、意図的に彫り跡を残して仕上げています。今回の作品の116本の柱は既に荒彫りが終わり、それだけでも表現の方向を伝えられるのですが、ところどころ修整彫りをして、彫りの勢いをなくさないようにしようと思っています。時間に追われるようにして夢中で彫った鑿跡には、多少粗雑なところが見られて、ささくれた箇所があります。そこを修整していくつもりです。じっくり見ながらやっていく仕事なので、思った以上に時間がかかり、今日は20数本出来ただけという結果になりました。休庁期間まで公務の合間をぬって、なんとか修整を続けたいと思っています。         Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 巨大なプロジェクト 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • イサム・ノグチ 日本での活躍 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 東京駅の「きたれ、バウハウス」展 先日、東京駅にあるステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展に行ってきました。バウハウスとはドイツ語で「建築の館」という意味です。1919年に建築家ヴァルター・グロピウスによって設立 […]
  • ブランクーシの制作環境 ルーマニアの彫刻家コンスタンティン・ブランクーシとアメリカの日系彫刻家イサム・ノグチ。師弟関係であった2人に私は強い興味関心を抱いていて、それぞれのアトリエを訪ねています。20代の頃、ヨーロッパにい […]
  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]

Comments are closed.