新作の土台作りが佳境

今日「構築〜起源〜」の土台部分に当たる9畳大のテーブルが完成しました。年末の休庁期間にこの土台に砂を硬化剤で貼り付けて、油絵の具を染み込ませる作業を行う予定です。朝からたっぷりと作業をしたせいで、身体がくたくたです。精神的にはとても良い状態ですが、筋肉痛で今は放心状態です。毎年この時期は彫刻制作が佳境に入り、身体を酷使しています。土台に立つ116本の柱の方は、これから修整彫りに入ります。これもなかなか手間のかかる仕事です。ただ全体が少しずつ出来上がっていく実感があるので楽しい期間ではあります。自分が初めに思い描いたイメージと、実際に空間に置かれたモノとの確信と戸惑いが交互にやってきて、身体だけではなく心にも負担がかかります。制作はまさにこれからが本番です。       Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 土練り&彫り込み加飾 やっと週末になりました。今週はウィークディの仕事の休憩時間を使って、論理学の書籍を読み続け、NOTE(ブログ)に読んだ箇所の引用文章を毎晩掲載していました。よく読み込むと難解と思われるところも意外に […]
  • 実り多き11月を振り返る 今日は11月の最終日です。NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、11月はどの年も充実しているようで、創作活動には最適な1ヶ月であることが証明されています。今月も実り多き1ヶ月でした。まず、ウィ […]
  • 週末 1月を振り返って… 1月最終日になり、今月を振り返ってみたいと思います。今月創作活動がやれる期間として、まず正月の休庁期間が5日間ありました。その5日間を含めて週末のほとんどすべてを、新作の厚板材による土台作りに費やし […]
  • 「石を聴く」読後感 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 11月の制作目標 今月の制作目標を考えてみました。今月は昨日の日曜日を含めると5回週末があります。加えて明日の文化の日(火)、23日の勤労感謝の日(月)が休日になっていて、創作活動が可能な日は多いのではないかと思って […]

Comments are closed.