黒い小さな手帳

バインダー付の黒い小さな手帳を愛用して10年が経とうとしています。表は擦り切れて年季を感じさせます。毎年3月末に手帳に収まる日記を新たに購入しています。過去の日記は保管用ファイルにしまっています。手帳には公務の仕事スケジュールや出張場所&時間、資料作成&提出期限などを書き込んでいますが、あわせて創作スケジュールも書いてあります。おもに週末の作業を書き入れて、週末ごとにノルマを課しています。見通しをたてて仕事をすることで安心を得るだけではなく、結構自分なりにスケジュールを組むのが好きなのかもしれません。記録も自分の癖で、きちんと書いておかないと気がすまないのです。若い頃自分はもっと適当な人間と思っていましたが、この歳になると几帳面さが目立って、自分はこんな人間だったのかと改めて思っている次第です。                      Yutaka Aihara.com

関連する投稿

Comments are closed.