陶彫によるRECORDの構想

ポストカード大の平面作品を一日一枚ずつ作っているRECORDはもうすぐ2年が経とうとしています。昨年の12月頃作ったRECORDには半立体になった作品があります。平面に板や厚紙を貼り付けてレリーフ状にしたものです。この週末から考え始めた新たに展開するRECORDは完全な立体表現です。かつてブログに365点で構成される立体作品のイメージを書いた記憶がありますが、これが実現できるかどうか試作してみようと思っているのです。ただし、これを今までのようなRECORDにするかどうかは検討中です。自分の中には彫刻と併行して平面表現をやっていきたい欲求があるからです。とりあえず今日と明日は木彫をする傍ら、陶土で直方体を作り、まずひとつ陶彫作品を作ってみようと思います。どのくらい表現の可能性が考えられるのか、手間や時間はどうか、一日一点作るのであれば試作をしてみないと始められないと思います。                Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 4月初めの日曜日に… 今日は年度初めの4月1日です。日曜日であったため職場には行かず、私は朝から工房にいました。例年より陶彫制作を頑張っているつもりが、毎年ハードルを上げているせいか、厳しい制作工程に悩まされています。朝 […]
  • 休庁期間の制作開始 今日から1月3日まで休庁期間に入り、横浜市公務員としては暦通りの休みがとれます。現在の職場に異動してきて6日間も休むのは初めてです。早速朝から工房に行って制作開始です。朝のうちはRECORDの彩色を […]
  • 6月の終わりに… 雨が降ったり猛暑に見舞われたり、6月は体感的には快い1ヶ月ではありません。それでも比較的充実した制作が出来たのは、陶彫という表現と陶の素材によるものだと思います。陶土は湿度が高いほうがゆっくり乾燥し […]
  • 払拭できない具象のイメージ ポストカード大の平面作品を毎日描いているRECORD。今シーズンは1ヶ月ごとに幾何形体をひとつ決めて、それをもとに日々思いつくイメージを作品にしています。正方形や三角形、円といった定規で作るカタチを […]
  • RECORDは「三角形模様」 今年のRECORDはカタチの繰り返しによって、画面を構成しています。今月は同じ大きさの三角形を4つ配置して、それをベースに平面作品を作っていく予定です。三角形は好きな図形で、かつて陶彫でもピラミッド […]

Comments are closed.