破壊し創造するパワー

人が作るものは、より大きな世界やより深遠な世界に辿り着くために破壊と創造を繰り返すものと若い頃に教わりました。自分が今まで大切に培った感覚を壊していくのは容易ならざるパワーが必要です。作品が上手にまとまりすぎると、所詮は作りものなので退屈したり、飽きてしまったりするものです。そうした自分の過去をコピーしはじめると、作品は堕落の一歩を辿ります。ひとついいものが出来ると、それに縋りついて、繰り返し過去の亜流を作りたくなるものです。そこで今までのものをすべて捨て去って、新たな模索が必要になってくるのです。まさに破壊と創造です。今までの自分の作品を振り返りながら、限界がきてはいないか、発展性はまだあるのかを自問自答しながら、時に大鉈を振るって破壊し、さらに創造の源へ向うパワーを出さなくてはならない時がきっとくると思っています。          Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 土台作り&美術館散策 週末になりました。新型コロナウイルス感染症で緊急事態宣言が出ているにも関わらず、気持ちのモチベーションを保ちたくて、今日は地元にある横浜美術館へ出かけてしまいました。早朝は工房に行き、新作の土台作り […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 武蔵美の「脇谷徹ー素描ということ」展 先日、東京都小平市にある武蔵野美術大学美術館で開催している「脇谷徹ー素描ということ」展に行ってきました。彫刻家脇谷徹氏は私が彫刻を学び始めた頃、共通彫塑研究室で助手をやっていた人でした。出品作品は彫 […]
  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 「サーカス・シリーズ」について 先日、師匠である彫刻家池田宗弘先生の真鍮直付けの作品を久しぶりに見せていただきました。東京の東村山市立中央公民館で開催していた「池田宗弘展」は、初期の頃から最近までの作品を網羅してあって、私には先生 […]

Comments are closed.