秋分の日にも…

久しぶりの晴天で、ようやく秋らしくなった清々しい一日でした。今日は秋分の日で休日でしたが、相変わらず木彫の作業に明け暮れています。作業場の窓から入り込む日差しを美しく感じながら鑿を振るっていました。どこかに出かけたい気持ちを抑えて黙々とやっています。彫刻は肉体を伴う労働とも言うべき仕事があって、これはこれで気持ちがいいものです。とくに木は彫り跡が美しく、香りもよくて申し分ありません。以前ブログに書いた記憶がありますが、森林の中にいるような気分になります。ひとりのペースなので、適度に休憩を入れる予定で作業をしていますが、気候がよくなると休憩も忘れて、ひたすら彫り続けてしまいます。途中鑿を研ぐ時が休憩タイムです。鑿を研ぐ時は精神統一が図れる時でもあります。こんな風に作業をしている時が一番幸せな時かもしれません。                Yutaka Aihara.com 

関連する投稿

  • 「炻器と木彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 […]
  • 師匠との関係について 長野県に住む彫刻家池田宗弘先生から雑誌「秘伝」が送られてきました。「秘伝」は武道に関する雑誌でしたが、私は武道に縁がなく、その精神性は分かったつもりでも理解できるところまでいっていません。池田先生は […]
  • 週末 1月最後の週末に… やっと週末になりました。明日が1月最後の日になるため、週末としてはこれが最後の週末です。新作の制作状況としては、今月は厚板材を電動ノコギリやジグゾーを駆使して切断し、箱状に加工する作業に追われ、ほと […]
  • 2020’12月の制作目標 今月は師走と呼ばれている通り、1年の締めとして多忙を極める1ヵ月となります。そのためどのような制作目標を立てようか思案しているところです。陶彫部品を集合させて世界観を作る私の新作では、そろそろ土台と […]
  • 鳳翔館の「雲中供養菩薩像」 先月、京都に出張で出かけた折り、宇治にある平等院鳳凰堂を訪ねました。コロナ渦の影響で観光客は少なくて、仏像鑑賞には最適でした。私が本尊の阿弥陀如来坐像の周囲の壁に配置された「雲中供養菩薩像」を見たの […]

Comments are closed.