「エミリー・ウングワレー」展

昨日に引き続いて、個展開催のために東京通いを理由にして、美術館めぐりをしています。今日は六本木にある国立新美術館で開催中のアボリジニの画家「エミリー・ウングワレー展」へ行ってきました。80歳近くなってから画布をオーストラリアの大地に広げて、空き缶に入れた絵の具で奔放に描いた大作は、現代社会の歪んだ生活を一掃するほどの開放感を与えてくれました。伝統的なボデイ・ペインテイングから始まり、彼女の持つ天性の色感は留まるところを知らず、時に点描であったり、線が絡んでいたり、まさに現代アートそのものでした。アートとは無関係な環境から現れたアート。生きるがまま描いた何の衒いも無い画面。外の猛暑を忘れさせてくれる清々しさ。自分も身体が動く限りモノ作りを続けたいと思いました。

関連する投稿

  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 連休前に思う今夏のあれこれ 明日から三連休。その後も職場は夏季休業を取る人が増えてきます。8月の盆の休暇を前に、ぼちぼち夏の計画を立てる職場の人が多く見られます。自分も管理職といえども夏季休業は取ろうと思います。今夏の予定は、 […]
  • 先輩の方々へのお知らせ 群馬県高崎市の企画展「古代・現代 […]
  • 「AボーシャンとGモーゼス」展 先週の自分の個展開催時に、銀座を拠点に美術館を見て周り、1週間で6つの展覧会を見てきました。今日はその最終報告。新宿の東郷青児美術館でやっていた「アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス」展。正規の […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]

Comments are closed.