日本のゴーギャン

先日まで読んでいた日本画家田中一村に関する書籍の2冊目です。新聞社が編集した田中一村の伝記で「日本のゴーギャン」という表題がついています。同じ作家に関するものを別の書物で続けて読むのは初めての体験ですが、なかなか面白いと感じました。まず取材の手法がやや異なっていて、こだわりの部分がそれぞれあって楽しめます。現存した日本画家なので大筋では一致していますが、その時その時の一村の気持ちを推し量るところが微妙に違います。双方読んでいくうちに浮かび上がる一村の性格がきっと確かな部分なのでしょう。共通しているのは妥協を許さない厳しい性格であるところで、しかも肌理細やかです。仕事量の多さが常軌を逸しているところも共通しています。見習いたいと思うところは随分ありますが、自分はこんなふうに生きられるだろうかと自問自答してしまいます。

関連する投稿

  • 「見えないものを見る カンディンスキー論」読後感 「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「モディリアーニ」第3章のまとめ 「モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン」(ジューン・ローズ著 宮下規久朗・橋本啓子訳 […]
  • アンフォルメルとヴォルスの関係 先日、DIC川村記念美術館で開催されていた「ヴォルス展」に行き、ヴォルスが生きた時代に興った美術の潮流に思いを馳せる機会を持ちました。それはアンフォルメルという一連の動きで、仏語で非定型な芸術という […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.