「発掘〜遺構〜」全体配置

この週末は来月の銀座での個展に備えて、「発掘〜遺構〜」のテーブル部分を支える杉材の全体配置を考えました。48本の柱をどう配置するか。テーブルにした時に支柱としての強度はどうか。地震がきて作品が転倒してしまわないように、また安全に配慮して柱一本一本に補強の部品をつける必要があると感じました。柱が48本もあると高さの微調整も必要になってきました。電動工具で柱の先端部分を1ミリから数ミリ削らなければならないと考えています。こうした仕事が増えて、結局搬入までの余裕がなくなります。いつものことなので焦りはありませんが、作品の内容とは別の仕事なので、つい面倒だと感じてしまいます。立体を複数の部品で組み立てるので、これはいつもついてまわる問題で、こういうことが生じるからこそ早めに作ろうと意図するのですが、なかなかうまくいきません。何とかしていかなければならないと決めたところで今日の作業を終えました。

関連する投稿

  • 「海の日」は個展会場へ… やっと休日になり、自分の個展会場に足を運ぶことができました。個展は既に始まっていますが、私には今日が初日と言う感覚がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個展にはほとんど人が来ないだろうと […]
  • 週末 屏風裏面塗装&最新作続行 週末になりました。関東は梅雨に入り、今日は時折どしゃ降りの雨が降りました。湿気を孕んだ気候は、人には不快を与えるものですが、陶彫には絶好の季節で、とりわけ乾燥がゆっくり進むので、その段階で罅割れるこ […]
  • 個展の初日を迎え… 今日から東京銀座のギャラリーせいほうにおいて、私の15回目の個展が始まっています。例年なら初日は必ずギャラリーに行って、私は鑑賞に来てくださる方々を迎えていました。ちょうど海の日が月曜日にあり、職場 […]
  • 新型コロナウイルスの影響 連日、マスコミで報道されている新型コロナウイルス。職場においても影響が少なくありません。各種研修会の延期や中止が相次ぎ、人が大勢いる私の職場でも何らかの対応を迫られている状況です。私たちの職種は自宅 […]
  • 個展開催の決定 東京都は、今まで出していた「東京アラート」を解除して、さらに休業要請などの緩和の段階を「ステップ3」に進める方針を固めたようです。「ステップ3」では、適切な感染拡大防止対策をとった上で、すべての施設 […]

Comments are closed.