書物という小宇宙

昔から読書が好きだったにも関わらず、最近は本を読んでいません。車通勤は読書時間を奪っていることは充分わかっているのですが、つい車で職場に行ってしまいます。毎朝「RECORD」を描き、昼間は公務に追われ、毎晩ブログを書いている生活が続き、読書時間が確保できずに読みたいと思って購入した書物が居間のテーブルに積んであります。週末は作業場に出かけて制作に没頭してしまうので、積まれた書物が無くなることはありません。いくら世の中が便利になって、知識を得るモノが他に出来ても、やはり自分にとって書物は小宇宙に旅立つ扉なのです。というのは、眼で文章を追ううちイメージが出来上がり、見えないモノを見て、空間を感じることが出来るからです。イメージする力はある種の訓練が必要だと思います。映像から得る知識や感性はイメージを頭で構築出来ないのではないかと思います。記憶の中から、自分なりのイメージを取り出し、文章によって膨らせていくことが、時としてやらねばならないと痛感するこの頃です。

関連する投稿

  • 創作一本の4月制作目標 基本的に毎日制作が可能な4月からの制作目標を、例年の慣習に従って立てていきたいと思います。毎日制作できるとなれば陶彫部品を集合させる新作は完成できるのではないかと思っています。今年7月に開催するギャ […]
  • 実り多き11月を振り返る 今日は11月の最終日です。NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、11月はどの年も充実しているようで、創作活動には最適な1ヶ月であることが証明されています。今月も実り多き1ヶ月でした。まず、ウィ […]
  • 週末 1月を振り返って… 1月最終日になり、今月を振り返ってみたいと思います。今月創作活動がやれる期間として、まず正月の休庁期間が5日間ありました。その5日間を含めて週末のほとんどすべてを、新作の厚板材による土台作りに費やし […]
  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • 11月の制作目標 今月の制作目標を考えてみました。今月は昨日の日曜日を含めると5回週末があります。加えて明日の文化の日(火)、23日の勤労感謝の日(月)が休日になっていて、創作活動が可能な日は多いのではないかと思って […]

Comments are closed.