美術鑑賞のノウハウ

今日は終日横浜市民ギャラリーにいました。今日だけで1000人を超える入場者がいて大盛況です。というのも同館3Fでは児童生徒作品展が開催されていて、小中学生やその家族の方々が作品展を見に来たついでに私たちのグループ展を見ていくのです。昨年もブログに書きましたが、今年も小さな子どもたちが美術作品にどんな反応を示すか観察することしました。全身で興味を表す子どもたちの反応はとても参考になるのです。アートは理論や哲学が必要ですが、同時により本能に近い子どもが示す態度も軽視できません。しかしながら今日は気になったことがありました。作品によっては体験型の遊戯を伴うものもあるのですが、私たちのグループ展はそういう表現はなく、眼で見て鑑賞するものばかりです。そこに親子連れがやってきて、子どもが私のテーブル彫刻の下に潜り込み、顔を出したところを写真に撮る親御さんがいました。思わず注意を促してしまいましたが、補強金具を使っていない私の彫刻が倒れてきたらどうなるのかと思うとちょっと焦りました。それよりも小さな子どもに対して美術作品の鑑賞のノウハウを親御さんは教えるべきではないでしょうか。将来に向けて文化遺産を大切に扱う心を育てるのはこうした小さな頃の体験によるところもあろうかと思います。市民ギャラリーはそうした教育の場でもあると考えます。自分たちの作品を云々することを言っているのではありません。展示されているものをどう鑑賞するのか、市民意識の高まりを期待したいところです。

関連する投稿

  • 週末 展覧会&お歳暮 やっと週末になったという気分ですが、今日は工房へは行かず、以前から見たかった展覧会と日頃お世話になっている方々にお歳暮を贈る用事に当てました。見たかった展覧会は東京世田谷区にある世田谷美術館で開催さ […]
  • 優れた女流彫刻家を惜しむ 今日職場にあった新聞に彫刻家宮脇愛子さんが逝去された記事があり、とても残念に思いました。84歳は平均寿命からすれば致し方なしと思いますが、宮脇さんの爽快感のある作品からすると、年齢を感じさせない溌剌 […]
  • 「種村李弘の眼 迷宮の美術家たち」展 先日、東京の西高島平にある板橋区立美術館に行き、表記の展覧会を見てきました。故人である種村季弘は、私が滞欧中に親しんだウィーン幻想絵画を取り挙げた文学者で、深層心理に働きかけをするドイツ・オーストリ […]
  • 週末 後輩たちのグループ展 今日の午前中は工房で制作。「発掘~混在~」の表層の彫り込みに四苦八苦していました。時間がかかるのは承知していましたが、こんなにも時間がかかるとは思いもよらず、この調子でいくと畳大6点が今月中に終わる […]
  • 週末 上野と青山の美術館巡り 今日は東京の美術館を巡って3つの展覧会を見ようと予定していました。工房はまだ窯入れしている陶彫部品があるため今日は使用できず、それならば美術館に行こうと決めたのです。まず、上野の東京都美術館で今日か […]

Comments are closed.