ドイツ工作連盟

以前から興味はあったもののなかなか身近に感じることができなかったものがドイツ工作連盟です。19世紀末にあったユーゲントステイールからさらに前進して、美術と産業が密接に結びついた組織。20世紀初頭にミュンヘンで作られた組織。参加している建築家や画家やデザイナーの仕事が書物等で紹介されるのを見て大変興味を感じました。当時大きな展覧会がケルンで開かれたのを知って、どんな作品が展示されたのか、どんなことが革新的な作風として話題になったのか調べてみたいと思いました。とくに工作連盟の指導的役割を担った建築家ブルーノ・タウトは日本でもよく知られた存在で、当時彼が試みた「ガラスの家」の資料写真をみて、現在では当たり前になっている素材が初めて多くの人の前に建築として登場した時の状況はいかがなものだったのか、そんなことを思い浮かべながら、いま自分の目前に広がる横浜みなとみらい地区のガラスを多用した高層建築を眺めています。

関連する投稿

  • G・クリムトからE・シーレまで 国立新美術館で開催中の「ウィーン・モダン」展には、「クリムト、シーレ […]
  • 目黒の「キスリング展」 先日、東京目黒にある東京都庭園美術館で開催されている「キスリング展」を見に行ってきました。まとまったキスリングの油彩を見たのは実は私は初めてだったように思います。キスリングは、エコール・ド・パリを代 […]
  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]
  • 連休③ 千葉県佐倉から神奈川県平塚へ 連休3日目の今日は工房での作業を休んで、朝から家内と車で地方の美術館巡りをしてきました。地方といっても日帰りのため首都圏の範囲です。まず首都高速から東関東自動車道に乗り、千葉県佐倉にあるDIC川村記 […]

Comments are closed.