Stollenの美味しさ実感

昨年のブログに「嗜好品ないものねだり」(06.8.5)という文章があります。海外から帰ってきた当時から、海外で食べていたものが懐かしくなり、それを求めている話です。その中でStollen(シュトレン)のことを書いています。シュトレンとはクリスマスの時期に売り出される木の実やドライフルーツの入ったパンのことで、白い粉砂糖がまぶしてあります。店によっては酒に漬けたフルーツが入っていたり、シナモンが入っていたりします。パンは固く、どっしりとした重みがあります。それを薄く切って食べます。今日は制作を早めに打ち切り、このシュトレンを買いに川崎市麻生区新百合ヶ丘にある「リリエンベルグ」というウィーン菓子専門店に出かけました。日本では高価なパンで、しかも中に入っている木の実やフルーツが厳選されていて、とても美味しいのです。海外ではもっとクセのある味がしたのですが、日本人パテイシエの力量には驚くばかりです。

関連する投稿

  • 「心の旅人ケルト」について 「呪術としてのデザインー芸術民俗学の旅」(中嶋斉著 […]
  • 若かりし頃の貧乏旅行 「保田龍門・保田春彦 […]
  • 週末 グローバルな会話 昨日に続き、朝から工房で陶彫の制作をしていました。今日も気持ちのいい秋晴れでした。今日は工房によく出入りしている若いスタッフが2人来ました。一人は東京芸大の大学院生で、工房で修了制作をやっています。 […]
  • ウィーンからの懐かしいメール 1980年から85年となれば、今を遡ること30年前になります。オーストリアの首都ウィーンは地下鉄の交通網がシュタットバーン(市街電車)に取って代わろうとしていました。そんな頃に自分は市街から遠い10 […]
  • 「言語都市・ベルリン」を読み始める 「言語都市・ベルリン」(和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田佳子共著 […]

Comments are closed.