異文化がもたらすもの

クレーのチュニジア旅行のことをブログに書いていたら、自分の過去を再び思い出してしまいました。このブログに何度となく書いているウィーン滞在のことです。1980年から5年間暮らしたヨーロッパの古都は、今の自分の感性や思考を形成する上で大きな足跡を残し、その財産で今も作品を作り続けていると言ってもいいかもしれません。昨今多くの日本人が海外に出かけ、見聞を広めたり、レクリェーションに興じたりしています。自分も気楽に行くつもりが、滞在は5年間になり、その中で彫刻を学んだりしました。自分は渡欧前から創作活動の真っ只中にあり、「自分自身の表現とは何か」「自分は何をするべきか」という課題を抱えてヨーロッパに出かけたので、その影響も大きかったと思っています。異文化に触れる時は、自分がそれをいかに受容できるかで、その後の自分のあり方が変わってきます。クレーのチュニジア旅行も自分のウィーン滞在も作家のレベルこそ違えど同じ質のものではないかと理解しています。

関連する投稿

  • 「心の旅人ケルト」について 「呪術としてのデザインー芸術民俗学の旅」(中嶋斉著 […]
  • 若かりし頃の貧乏旅行 「保田龍門・保田春彦 […]
  • 週末 グローバルな会話 昨日に続き、朝から工房で陶彫の制作をしていました。今日も気持ちのいい秋晴れでした。今日は工房によく出入りしている若いスタッフが2人来ました。一人は東京芸大の大学院生で、工房で修了制作をやっています。 […]
  • ウィーンからの懐かしいメール 1980年から85年となれば、今を遡ること30年前になります。オーストリアの首都ウィーンは地下鉄の交通網がシュタットバーン(市街電車)に取って代わろうとしていました。そんな頃に自分は市街から遠い10 […]
  • 「言語都市・ベルリン」を読み始める 「言語都市・ベルリン」(和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田佳子共著 […]

Comments are closed.