粘土の荒練り

久しぶりに粘土を練りました。この夏に陶彫のランプシェードや香炉を作ろうと決めていたので、粘土の荒練りをしました。このところ木彫ばかりやっていたので、粘土とは新鮮に向き合うことができました。菊練りまでやったところで今日は終了。成形は次回。作業場は荒彫りした木の柱と荒練りした粘土があって、制作がいよいよこれから佳境に入るという感じです。しかし空調の無い作業場の暑さは容赦なく、あれもこれもやるには身体がついていきません。粘土の荒練りもやっている途中から汗が噴きだし、Tシャツを何枚も替える始末です。こんな湿気のある蒸し暑い中での作業ですが、陶芸の粘土にとっては好条件で、ゆっくり乾燥するため失敗が少ないのです。最近の都会生活では考えられない厳しい環境は、まさに日本の夏そのもので、そうした風土に育まれた木彫や陶芸をやっている自分は、自然に逆らわずに制作しているのではないかと妙に納得しています。

関連する投稿

  • 四連休最終日 新作の土台考案 今日で四連休が終わります。この時期に4日間連続の休暇があったことは、創作活動を進める上で有効だったと思っています。四連休は4日間ともずっと制作をやっていました。2日目に東京の東村山市立中央公民館に出 […]
  • 週末 木彫の完了&窯入れ 図録用の撮影日まであと1週間になりました。つまり来週の日曜日には作品は全て完成していなければならず、ずっとやってきた制作工程は5月31日をゴールにしているのです。そのために今日は何をやるべきか考えま […]
  • 9月の制作目標 今月は4回の週末があり、そのうち1回は4連休になります。陶彫制作においては、土曜日に土練りをして座布団大のタタラを数枚用意し、日曜日に成形や彫り込み加飾を行うのが定番になっています。その制作工程のう […]
  • GW① 連休の制作目標 今日からゴールデンウィークとして5連休になります。この5日間の制作期間をどのように使うか、見通しをもって制作に励みたいと思います。まず、乾燥に時間が必要な陶彫制作を優先させることにします。現在取り組 […]
  • 週末 「聚景」屏風と床を繋ぐ陶彫制作開始 週末になりました。ゴールデンウィーク5日間でやり残した陶彫制作を今日から始めました。それは「発掘~聚景~」の屏風と床置きの陶彫を繋ぐ陶彫部品の制作で、まずは屏風から床へ接する第一の陶彫部品から始める […]

Comments are closed.