無党派層の選択

20歳で選挙権を得てから、海外生活5年間を除いて、ずっと選挙に出かけています。当時の両親は自民党支持、自分は気の向くまま適当な人に一票を投じていました。いわゆる自分はずっと無党派層。昨日の選挙も基本姿勢は同じですが、年金のことやら大臣の問題行動等あって、気ままな無党派層ではいられなくなり、日本で暮らす一市民としての行く末を考えた投票になりました。成人したばかりの頃は、政治に興味が無く親に言われて仕方なく選挙に出かけていましたが、海外生活で様々な国を知って、政治・経済の動向を気にするようになりました。日本を住みよい国にしたいと願うのは、海外との比較によるものです。モラルがしっかり根付いている文化的に円熟した国家にしたいと願いつつ、昨日は一票を投じてきました。

関連する投稿

  • 週末 陶彫加飾&窯入れ 今日の天気は昨日の雨風が嘘のように晴れわたり、気温も上昇しました。工房に流れているFMラジオから、東京の桜の開花宣言があったと報道されていました。気温だけを考えれば春爛漫と言える季節になりました。工 […]
  • 「超越論的現象学と志向的心理学」第98節~第99節について 「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]
  • 週末 疲労回復を試みる 今週は職場で儀礼的なイベントがあり、また来年度人事が始まったこともあり、その他諸々のことで心身共に疲労してしまいました。帰宅した時の私の顔に疲労が滲み出ているせいか、家内にも心配される状況でした。管 […]
  • 「超越論的現象学と志向的心理学」第96節~第97節について 「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]
  • 最後の儀礼的イベント 今月末で現職を退く私は、職場関係のことでは何でもかんでも「最後の~」という冠がつきます。同業者が私のNOTE(ブログ)を読んでいるので、儀礼的イベントが何を指しているのか分かっている方もいらっしゃい […]

Comments are closed.