「無名性の錬金術師」を読んで

昨日に引き続き、種村季弘著「断片からの世界」に収められている美術評論で、今回はE・フックスに関するものです。ウィーン幻想派画家として国際的な名声をもつフックスは、ウィーンの多く画廊で銅版画を展示していました。これはハウズナーと前後して半年前のブログ(07.1.17)に書いています。この評論の中で興味をもったのは、ハウズナーとの比較です。ハウズナーの絵は「あくまでも自我への偏執から出発」していますが、フックスは「個性的自我を最初から厳密に排除して」いると書かれています。また、ハウズナーが「主観的象徴体系を展開してきた」のに対し、フックスは「客観的に祖述され、普遍的にすでになじまれている」象徴体系をもっていると比較しています。それはフックスの絵が聖書に基づき、とりわけ黙示録の象徴体系があるということです。風貌もハウズナーと違い、「ユダヤの家父長か預言者のような顔立ち」をしています。E・フックスとはウィーン滞在中にお会いできずにいましたが、郊外にあるO・ワーグナー設計によるアトリエは何度も見ています。恥を忍んで一度訪ねればよかったと今では後悔しています。

関連する投稿

  • 画家キルヒナーと戦争 20世紀初頭から第二次世界大戦のヒトラーの弾圧を受けるまで、ドイツは美術のエポックを迎えました。それがドイツ表現主義で、自分は学生時代から関心を寄せていました。まずコルヴィッツの版画が先陣を切って、 […]
  • 「パウル・クレー 東洋への夢」 表題の展覧会は、静岡県立美術館で開催されているもので、知人からチケットをいただいたので行ってきました。クレーはたびたびブログに書いている画家で、この巨匠に関する興味はずっと尽きません。自分は20代前 […]
  • E・フックスの銅版画 ウィーン幻想派の画家の中で、ウィーンの街中のギャラリーに作品があるのがE・フックスの銅版画です。フックスは煌びやかな油彩画を多く描いていますが、モノクロの銅版画にも力量のある画家だと思います。フック […]
  • 創作絵本「ウド」の思い出 学生時代、彫刻を学ぶ傍らビジュアルな表現に興味を持ち、手製の絵本を作りました。当時好きだったドイツ表現派のモノクロの木版画を発想の源にして、数ページにわたる創作話を考え、文字のない絵本にしようと企画 […]
  • 「ブリューゲル版画の世界」展 先日、東京渋谷のBunkamuraギャラリーで開催している「ブリューゲル版画の世界」展に行ってきました。猛暑の中、涼しい美術館で名画を鑑賞するのは贅沢な時間です。同じような考えを持っている人が多いた […]

Comments are closed.