創作行為に関すること

気が乗らないと創作がままならない状態は日常では普通のことだと思います。自分もずっと何かやりたいけど、何もやれない状態が続いていました。日常の雑事にかまけて、やりたいことが出来ず、時間ばかりが過ぎてしまうことが多くありました。どこかの段階で創作行為に対する意識が変わり、堰を切ったように制作を始めたのです。その時はギャラリーでの個展が決まっていたわけではなく、その他外的な要因もなく、ただ作りたいという純粋な気持ちが湧いてきて、わだかまっていたイメージを追いかけ始めたのです。こうした意識で始めた創作行為はなかなか強くて、多忙な仕事を抱えていても、時間を見つけては創作に戻っていけるのです。実際今も仕事に忙殺されていますが、イメージが痩せ細ることはありません。本当の意味で自分がやりたいものがそこにあると感じています。

関連する投稿

  • 「石を聴く」読後感 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • 週末 今月最初の週末に思うこと 10月の最初の週末がやってきました。昨晩は職場を早めに出させていただいて、叔母の通夜に家内と行ってきました。母の時と違い、新型コロナウイルス感染症拡大の影響がやや緩んで、通夜の参列が可能になっていま […]
  • 四連休2日目 東村山市立中央公民館へ 四連休2日目になりました。以前から計画していたことですが、今日は家内と車で東京にある東村山市立中央公民館へ出かけました。同館の1階会場で、私の師匠である彫刻家池田宗弘先生が個展を開催していて、午後2 […]
  • 四連休最終日 新作の土台考案 今日で四連休が終わります。この時期に4日間連続の休暇があったことは、創作活動を進める上で有効だったと思っています。四連休は4日間ともずっと制作をやっていました。2日目に東京の東村山市立中央公民館に出 […]

Comments are closed.