地域での小さなコンサート

私の住む横浜市旭区の住宅地には地域コミニュテイがあって、普段付き合いのある人たちが集まって、近隣のカフェで小さなコンサートを開くことになりました。ギター、三味線、胡弓の取り合わせで「ボブ・デイランから八尾の民謡」まで、要はそれぞれの演奏者が昔取った杵柄で、知り合いを集めて会を催した感じです。家内は胡弓奏者としてこの会に参加していました。本来は八尾のおわらで演奏する胡弓ですが、聴衆サービスとして「愛はかげろうのように」や「千の風になって」など弾いていました。地域活性化は行政を待たず、住民が工夫して楽しんで出来れば素敵なものになると思いました。私も今日は制作を早めに切り上げて、知人や家内の演奏を楽しみました。この人たちが私の個展にも足を運んでくれて励みになっています。

関連する投稿

  • 週末 日常を取り戻す 昨日で個展が終了し、今日から通常の制作に入ることにしました。イベント終了の翌日は複雑な心境になります。一日ゆっくり休みたいと思うのですが、私の流儀はそうではなく、最新作の制作を何が何でも続けていくの […]
  • 外出自粛の5月を振り返る 今日は5月の最終日ではありませんが、今月のことを振り返ってみたいと思います。5月末は週末で、明日の土曜日は母の四十九日法要があり、明後日は図録用の作品撮影日になっていて、そのことについてNOTE(ブ […]
  • 週末 柱の梱包&最新作の加飾 週末になりました。個展の搬入まで数えるくらいしか週末がない中で、出展作品の梱包を最優先していますが、つい作りかけの最新作品が気になってしまい、今日も梱包の後で、創作的な仕事を入れてしまいました。梱包 […]
  • 週末 創作活動の動機を問う 今日は朝から工房に篭り、制作三昧の一日を過ごしました。昨日作っておいたタタラを使って、屏風に接合する陶彫部品2点を成形しました。昼ごろに近隣のスポーツ施設に行って水泳をしてきましたが、それ以外はずっ […]
  • 例年とは異なる5月です 新型コロナウイルス感染拡大が、日常生活に影響を及ぼす状況がこのところずっと続いています。5月になっても通常の生活に戻れる気がしません。そんな中ですが、今月の創作活動について考えてみたいと思います。創 […]

Comments are closed.