映画「白バラの祈り」

表題の映画のDVDを借りてきました。原作の「白バラは散らず」は30年も前に読んでいて、原作を傍らに置きながらDVDを見ました。ショル兄弟がミュンヘンの大学で「白バラ通信」を撒いて、ゲシュタポに逮捕されるところから始まり、尋問、裁判、処刑にいたるまでの過程を坦々と描いています。いわば密室で繰り広げられる心理劇です。ゾフィー・ショルを演じた女優が秀逸で、思わず引き込まれてしまいました。崩れそうな気持ちを精一杯張りつめて冷静に対処するゾフィー。強く自由を望む信念。相対する裁判官の方が空回りの一人芝居になってしまう滑稽さ。言わんとすることをわかりやすく畳みかける映像はなかなか見事でした。渋い色調の中で、ゾフィーの赤いセーターが印象的で、信念を曲げないゾフィーの胸中を表しているようでした。

関連する投稿

  • 週末 10月を振り返って… 週末になりました。今週はウィークディの夜に工房に通っていたおかげで、彫り込み加飾が進みました。いつものように今日の作業としては土練りを行い、大きなタタラを複数枚準備しました。それらを使って明日は成形 […]
  • 2020年の1月を振り返って… 1月はあっという間に過ぎた感じがします。昨年暮れから続いていた休庁期間(閉庁日)があったため、陶彫制作はかなり頑張れたように思っています。新作は屏風と床を繋ぐ陶彫部品を残すのみとなり、今月の週末は朝 […]
  • 例年とは異なる5月です 新型コロナウイルス感染拡大が、日常生活に影響を及ぼす状況がこのところずっと続いています。5月になっても通常の生活に戻れる気がしません。そんな中ですが、今月の創作活動について考えてみたいと思います。創 […]
  • 11月最後の週末 今日で11月が終わります。週末なので、いつもの通り朝から工房に籠って制作三昧でした。若いスタッフも工房に来ていました。私は若い人に背中を押されるように屏風に接合する陶彫部品の制作に拍車をかけていまし […]
  • 「円塔の見える風景」について 「呪術としてのデザインー芸術民俗学の旅」(中嶋斉著 […]

Comments are closed.