個展の芳名帳から

昨日で終わった個展の芳名帳をチェックしています。自分が画廊に不在の時にいらっしゃった方々には申し訳なく思います。芳名帳に名前を書いていただいた方は144名でした。その中でやはり面白いのは紀行作家みやこうせいさんの一言。「連鎖、断絶、調和、無常、かたちなき物の表現、バベルの塔の破片」う〜ん。住所欄に書かれた意味深き一言です。今回の個展に出品した作品も近いうちにHPにアップする予定で、またコトバのページを作るのですが、みやさんから投げかけられた一言が気になってしまいます。懐かしい人が自分がいない時に来ているのを知ると残念でなりません。またデザインや出版界で個性溢れる仕事をされて名を成している方もいらしています。お話が聞きたかったと思うばかりです。

関連する投稿

  • 15回目の個展をExhibitionにアップ 今夏、開催した15回目の個展をホームページのExhibitionにアップしました。Exhibitionでは、ギャラリーせいほうの展示空間をそのまま見ることができて、図録の撮影の時とは違った雰囲気があ […]
  • HPのExhibitionリニューアル ホームページのリニューアルを進めています。初めにExhibitionをリニューアルしました。Exhibitionはギャラリーせいほうでの個展の状況を記録したページです。毎年個展を開催させていただいて […]
  • 恩師からの手紙より抄 個展を見に来られた人の中で、文筆業をやっていらっしゃる方がいます。彼は書籍を何冊か出版されていますが、私にとっては恩師とも思える人です。時間が合えば貴重なお話を伺えるのですが、今回は私がいない時間に […]
  • 10‘個展評壇より 『木・陶による「構築」シリーズ。「陶」は錆びた鋳物か古代の土器の趣。「木」は漁具の銛のような形。双方組み合わせての「構築」オブジェ。今回は巨大なテーブル状に仕立てて、壮観。』(美じょん新報 9月20 […]
  • 11‘恩師からの手紙 もう80歳になろうかという恩師が毎年銀座まで個展を見に来てくれます。文筆家の笠原実先生で、横浜ゆかりの文学に関する著作も出しています。自分は仕事の関係でずっとギャラリーにいられないため、毎回手紙によ […]

Comments are closed.