「構築〜包囲〜」搬入作業

「構築〜包囲〜」は直径5メートルあるテーブルを30本の柱で支える構造なので一人では設置できません。運搬業者が運びこんできたものを、今日は大学生たちが設置を手伝ってくれました。教え子の美大生や心理学を学んでいる甥もいて、番号を合わせながら組み立てていく作業でした。こういう場面で気持ちよく手伝ってくれる子たちを自分は大切にしています。搬入終了後の打ち上げで、つい気のおけない助手たちに、自分は心情を吐露してしまいます。さて、搬入が始まる時の自分の心理状態はどうなのか、自分では冷静を装いつつ、汗が額から流れています。精神が高揚する証拠です。納得と迷いと反省が一気にやってきます。次の課題がこの時に露呈し、何とも言えない気持ちになります。だからこそ次に期待するのかなと思います。継続を誓う一日です。

関連する投稿

  • 「海の日」は個展会場へ… やっと休日になり、自分の個展会場に足を運ぶことができました。個展は既に始まっていますが、私には今日が初日と言う感覚がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個展にはほとんど人が来ないだろうと […]
  • 週末 個展搬入日 いよいよ14回目の個展のために作品を搬入する日がやってきました。朝9時半に運送用トラックが工房にやってきました。運送業者は2名、こちらのスタッフは後輩の彫刻家や学生2人、そこに家内と私を加えて5名で […]
  • 個展の初日を迎え… 今日から東京銀座のギャラリーせいほうにおいて、私の15回目の個展が始まっています。例年なら初日は必ずギャラリーに行って、私は鑑賞に来てくださる方々を迎えていました。ちょうど海の日が月曜日にあり、職場 […]
  • 週末 個展最終日&搬出 今日は画廊開館の午前11時から、ギャラリーせいほうにいました。今年の個展最終日となった今日は多くの方々に来廊していただきました。職場関係の方々や家内の演奏家仲間、美術系の出版社、他の画廊のオーナー、 […]
  • 連盟ニュースより記事抜粋 私は日本美術家連盟(一般社団法人)の彫刻部に所属しています。そこから毎月「連盟ニュース」が郵送されてきて、記事を楽しみにしています。4月号は「ご意見番に聞く」というコーナーで、私にとってお馴染みのギ […]

Comments are closed.