ハンス・ホラインの店舗

ウィーンの中心にある聖シュテファン寺院の向かいにかなり現代的な建物が出来たことで、ウィーン市民の間で物議を醸しだしたという話を聞きました。自分の帰国後のことで実際には見ていませんが、ネットで調べると曲面の美しい斬新なデザインの建物のようです。自分にとってはとても気に入ったデザインです。以前ここにあった建物の最上階のフンデルトワッサーのアトリエはなくなってしまったんだと思いました。この建物の設計者はハンス・ホライン。自分がウィーンにいた時は目抜き通りに洒落た店舗をデザインしていて、よく眺めていました。入り口を故意に狭くして興味をひくように作られ、その構成は大変美しいバランスをもっていました。オットー・ワーグナーが生きた時代とは別の意味で、ウィーンの都市空間に合っているように感じています。店舗の面白さで散歩が楽しく出来る街。建築がアートになっている街。そんな現代ウィーンが生まれつつあるように思います。

関連する投稿

  • 陶彫の出発点を考える 「知的な手による生命の表現によって、まさしく陶芸を彫刻の高みに引き上げることができると同時に、陶芸の素材によって彫刻を刷新することができるというのがゴーギャンの主張であった。」これは現在読んでいる「 […]
  • 「素人っぽさ」について 「建築とは何か 藤森照信の言葉」(藤森照信他著者多数 […]
  • 新聞掲載のフロイトの言葉より 昨日の朝日新聞にあった「折々のことば」(鷲田清一著)に興味関心のある記事が掲載されていました。全文書き出します。「百パーセントのアルコールがないように、百パーセントの真理というものはありませんね。ジ […]
  • 週末 陶彫制作&シュトレン受け取り 12月に入って最初の週末です。朝から工房に篭って陶彫制作三昧でした。小さな陶彫成形をひとつ作り、その他の時間は彫り込み加飾をやっていました。窯から2点の陶彫部品を出しました。あれこれやっているうちに […]
  • 週末 シュトレン郵送&陶彫制作 先日、友人のパティシエが営む菓子店から大量のシュトレンをいただいてきました。西欧に滞在経験のある人なら、味が懐かしいと思うシュトレンですが、最近は日本のベーカリーでもシュトレンを売り出しています。私 […]

Comments are closed.