ウィーンムジークフェライン

ウィーンムジークフェライン(楽友協会)でのニューイヤーコンサートの模様が毎年TVで衛星中継されます。1980年から85年まで住んでいたウィーンで、このニューイヤーコンサートは何度も立見席で聴いていました。マゼールが指揮をしていた時代でした。カラヤンが登場した年は立見席の窓口に長蛇の列ができました。指揮台にカラヤンが現れると会場は異様な緊張感に包まれました。日本の旅行代理店に頼まれてチケットを手に入れるアルバイトもしました。帰国後もこのコンサートは毎年欠かさず聴いています。これによってウィーン生活を鮮明に思い出すのです。昨年もこのブログにウィーンのことを再三書いてきました。記憶が失われてしまうのを留めるためと自分の作品イメージの原点に戻るためです。シュトラウスのワルツは耳に心地よさを与えてくれますが、それを当時あの場所で聴いていた自分は複雑な心境を抱えながら爪に火を灯す生活をしていました。ムジークフェラインの華麗な室内をTVで見るたび、贅沢な時間と環境でありながら余裕の持てなかった自分を振り返る機会になっています。

関連する投稿

  • 「心の旅人ケルト」について 「呪術としてのデザインー芸術民俗学の旅」(中嶋斉著 […]
  • 若かりし頃の貧乏旅行 「保田龍門・保田春彦 […]
  • 週末 グローバルな会話 昨日に続き、朝から工房で陶彫の制作をしていました。今日も気持ちのいい秋晴れでした。今日は工房によく出入りしている若いスタッフが2人来ました。一人は東京芸大の大学院生で、工房で修了制作をやっています。 […]
  • ウィーンからの懐かしいメール 1980年から85年となれば、今を遡ること30年前になります。オーストリアの首都ウィーンは地下鉄の交通網がシュタットバーン(市街電車)に取って代わろうとしていました。そんな頃に自分は市街から遠い10 […]
  • 「言語都市・ベルリン」を読み始める 「言語都市・ベルリン」(和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田佳子共著 […]

Comments are closed.